New York, NY 10017

moondiva.exblog.jp
ブログトップ

He's just not that into you

b0103106_1143543.jpg日本でもおなじみのSex and the Cityの脚本家、Greg BehrendtとLiz Tuccilloという人が書いた『He's jut not that into you』という名の本。

本自体は2005年のベストセラーなのだけれど、今年映画化される&ルームメートがこの本を持っていたということで、突然むくむくっと興味が沸きまして、今さらながら、読んでみることに。

こちらの本、さまざまな独身女性の恋愛相談に男性であるGregが、ズバリ何の思慮遠慮なく、侍の如く、バッサバッサと答え、それをフォローするかのように、各Chapterで女性のLizがコメントを出すという形式。

いやね、これが結構はまる。

いかに女性(だけなのかなぁ?)が「こうであって欲しい!」という自分の「要望」というレンズを通して物事を見ることにより、スーパー単純明快事実を、こりゃ摩訶不思議、迷宮のように複雑化して考えてしまうかが、面白おかしく書かれておりまして。

「いやぁ、世の中の男がみんなGregみたいな意見ではないでしょう!」

という声もちらほら聞かれますが、私なりに過去の出来事を思い出してみますと、いろいろ思い当たる部分も無きにしも非ず。。。

恋愛というのは人それぞれですが、まぁ、悩んでいる内容っていうのはある程度、レベルはあるものの、似ているのかなぁと思ったりして。

He's just not that into you

日本語で言うと『彼は別に、そこまであなたにはまってないんでない?』みたいな意味でしょうか?

とにかく、機会があれば、こちらの本、読んでみるのもいいかと。

ちなみにあっ!という間に読み終わっちゃいますYO。
[PR]
by moondiva | 2009-01-27 00:00 | 徒然なること