New York, NY 10017

moondiva.exblog.jp
ブログトップ

おしゃれ男子。

髪が伸びた。

もう自由奔放っぷりも甚だしく、どうにもこうにも、コントロール不可。

いろいろ頑張ってみるものの、結局、後ろでビシーッと結ぶしかない。

これぞまさに、侍スタイル。

落武者、ここに復活。

…これでいいのか?

いや、よくない。

ということで、断髪式を決行することに。

でも一体、どの美容院に行けばよいのか??

New Yorkに来てからというもの、できる限り東京に行くまで我慢して、表参道の大好きなカリスマ美容師、Nさんに髪の毛を切ってもらっていたので、New Yorkの美容院事情が全然分からない…。

New Yorkに来た当時はしばらく、Nさんが紹介してくれたHair Salonに通っていたのですが、ちょっと高くて持続できず。

カットで軽く$100超え…。

でも今回は少なくとも年末までは日本に行く予定がない。

ということで、お友達が紹介してくれたAlphabet Cityにある日本人の方が経営する美容院に行くことに。

行ってみると、お友達をいつも担当してくれていた美容師さんは既に日本に帰国していて、今回、Kenさんという方が担当してくれることに。

まずはどんなヘアスタイルにするか、Kenさんに相談。

日本のヘアカタログを見てみるものの、どれもイマイチ、ヒットしない。

「結構バッサリいこうかと思っているのですが…」

と伝えると、

「じゃあ、メンズのカタログ、見てみます?」

ということで、早速チェック。

パラパラめくってみると。

いやはや、ビックリ。

日本男子のおしゃれなこと!

長めの髪に軽くパーマかけて、こりゃ朝の支度に1時間かかるのは間違いなし!ってな感じの髪型ばかり。

…私には無理。

ヘアカタログを見るだけ見て、

「何にも手入れしなくても平気なカットでお願いします。」

と、これまた、いやがらせのような注文を出してみました。

Kenさんによる私の髪の分析結果によると、(私の髪がクセっ毛のため)短くしすぎても収拾つかなくなる可能性高しということで、結局ボブカットにおさまりました。

ねぇ、ところで、ボブカットの名前の由来って??

確かに、洗いざらしのまま、放置プレーしても、まとまって見えるし、ずぼらな私にピッタリな髪型。

Kenさん、ありがとう。

ちなみにKenさんの経営する、今回私がお世話になった美容院情報はこちら。

PIRKA
233 East 4th St. (Between Ave A and B)
New York, NY 10009
(212) 673-6209

カットで$60 + Tipです。

いやー、とりあえず、落武者から卒業できて、良かった、良かった。

数ヶ月後、落武者復活しませんように!
[PR]
by moondiva | 2008-06-17 00:00 | 徒然なること