New York, NY 10017

moondiva.exblog.jp
ブログトップ

仕事ごとごと。

今週は私の上司が夏休みでいないので、もう自由気ままにやりたい放題、来週からのヨーロッパ旅行の予定ガッチリたてちゃおっかな、なんて張り切っていたら、実は普段よりも若干忙しくって、ちょっと切ない私なのですが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

私の会社(※広告代理店)では通常、特定のクライアントをある程度、長期に亘って担当することが多いのですが、何故か私は数週間~数ヶ月の短期スパンのプロジェクトにアサインされることが多い。

それもほとんどが私の上司(会社内では偉い人)+私、2人っきりのタッグチーム。

私は籠の中の鳥状態、私の上司以外とは、仕事上、ほとんど絡みなし。

たまには他の人とも仕事したいなぁ…。

ま、それは良しとして、冒頭で書いたように、現在、上司がお休み中。

そんな中、現在進行中のプロジェクトの1つの件で、上司不在中、私の会社の営業トップと直接いろいろやりとりしなくてはいけなくなりまして。

で、これがホント、Pain in the @ssってな感じで、「もう、もう、もおおおおおおおおおう」って、今週は1人オフィスにて、牛並みに鳴きそうになっております。

ま、営業トップっちゅうことで、忙しいって言うのは重々承知、こちらもできる限り、迷惑かけずに仕事を進めたいとは思っているのですが、

「XX社の件、○○日に社内提案なので、データ、ケーススタディーを盛り込んだDigital Strategyの提案資料、よろしく☆」

とだけ言われても…。

突然「よーいドン!」ってスタートラインから踏み出してみたものの、いっぱい分かれ道があって、どっちに向かっていいのやら状態。

嗚呼!

まず、とにかく奴を捕まえて、方向性をお互い確認しなければ!

と思ったのが、かれこれ、先週の金曜日の朝のこと。

それからしばらく、電話、メール、オフィスで待ち伏せ等、ストーカー行為を繰り返してみたものの、どうしても奴がつかまらない。

ミーティングは6/23(Wed)、5pmに設定済み。

そして、これまたすんごい頻度で別の部署の人から、

「資料の進捗、どんな感じ??」

「○○(←営業トップ)が言ってた通り、これとこれとこれは資料に盛り込んでくれんだよね?」

(↑そんなことを奴が言ってたことすら知らねー。)

と電話&メール爆撃を受け、(こう見えて)、結構仕事はきっちり、且つ、ゆとりをもってやりたいタイプの私は、パンク寸前。

「どうする、私?!」

昔日本で、こんなCMあったよね??

自分の中で、見切り発車、もうやれることをやるしかないんでない?!

…という結論に至り、手探りもいいとこで(適当な)資料を作成し、営業トップに送りつけてみました。

途中、同じチームの別のDirectorに助けを求めるも、「できるだけSupportはするけど、俺も自分の案件で忙しい(=あまり関わりたくない)」的オーラをガンガン出され、ちょっと切なくなったりならなかったり。

これが月曜日夕方。

そして火曜日早朝。

やっと奴が捕まった。

金曜日&月曜日は休んでたらしい。(←先に言え。)

無理矢理彼のオフィスに押し入り、ミーティング開始。

私の送りつけた資料を見た後の、彼の最初の一言。

「…うーん、ちょっと俺のイメージしていた感じと違うかな。」

えーっと。私は人の心が読めませんが、何か?

「そのイメージとやらを是非、速攻で教えてくれ!」

ってなことで話を始め、なんとなーく、ぼんやーり、ふわっふわな感じでイメージが分かったような分からないようなところでタイムズアップ。

結局彼を捕獲できたのは30分のみ…。

彼は

「このセクションは俺がカバーするから、ここのセクション、進めてね。」

という言葉を残し、どこかへ去っていきました。

素直な私は言われた通り、自分のセクションをブラッシュアップし、奴へ送りつけ、火曜日が終了。

そして本日。

…奴がいねー。

どこにもいねー。

奴の秘書に奴の予定を聞くと

「今日は一日中、Phillyにいると思うけど…。」

えええええええええええええええええええええええ!

社内提案、今日の5pmって、先週あんたが言ってたけど大丈夫?!

もう、ホント、ビックリ。

他の部署の人からの電話&メールでの相次ぐ爆撃は続き、もう知ったこっちゃない!って域に達した私は

「えー、私の担当パートは終わっていますが、奴のパートは知りません。」

「奴と連絡が取れ次第、折り返し、連絡します。」

って、留守電のごとく、繰り返す攻撃に出ました。

そして本日4pm、奴がPhillyからとことこ帰ってきた。

「おーい、今日の提案どうすんだー!」

と剣幕な勢いで、(But 丁寧な口調の)メールを出してみたところ、

「君の資料、まだレビューできてないし、俺のパートはまだ手をつけてないから、延期だな。」

…そうきたか。

確かに社内提案だし、奴が延期って言えば、他のメンバーは何も言えないな。

焦った自分がやるせない。

「他のメンバーに延期の件、伝えといてください。」

とだけ言い残し、私、速攻でオフィスを飛び出しました。

そしてワインを飲む。

まま、別にこの提案が今日でなくても、別に誰かの命に別状があるわけでもなし。

やっぱり、できることはもちろん一生懸命やりつつも、そんなにモウモウほえず、日々大らかに過ごすのが一番だなぁと。

社内提案は結局、来週になったのですが、実は私、来週の後半からしばらく夏休みで国外逃亡するのです。

ということで、来週の初め、上司にバトンタッチし、私が帰って来た頃には、このプロジェクト、ほとぼりが冷めているっていうのがベストシナリオなのですが、そううまく事が運ぶか乞うご期待…。
[PR]
by moondiva | 2008-07-23 00:00 | お仕事の話