New York, NY 10017

moondiva.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:徒然なること( 91 )

秋の陽気。

ふと気が付いたら10月も中旬、今年も残り2ヶ月ちょっとになのに、自分が今年の始めに立てた目標のほとんどを未だ達成していないことに気付いて、そんな自分に呆れ気味なこの頃の私なのですが、皆さんお元気ですか?

月曜日から金曜日はせっせとお仕事&ジム通い、週末はお友達とご飯食べたり、映画観たり、1人家でどっぷり読書したり。最近は特に、これといって特筆することのない日々を送っておりまして。

最近の話題といえば、私事で恐縮ですが、昨今の不況により、私の会社が今年の昇給を全て見合わせることにしたということでしょうか。

ただでさえ、昇給サイクルが18ヶ月に一回という信じられないスローペース、場合によってはボロ雑巾のごとくこきつかわれ、時にはポイ捨てもあるし、投資銀行勤務の方々の給料とは違い、そもそも広告代理店社員の給料は薄給なのに、不況のときにはこんな仕打ち。

「投資銀行で働くのはハイリスク・ハイリターンだけど、広告代理店はある意味、ハイリスク・ローリターンでは?」と同僚とブツブツつぶやいております。


ということで、ちょっと話題がないので、今回はこれにて失礼!
[PR]
by moondiva | 2008-10-19 00:00 | 徒然なること

ちょっと宣伝。

私の元同僚が半年ほど前に会社を立ち上げまして。

その名もsomeecard, Inc

日本にも少しずつ、浸透してきているようですが、アメリカではお誕生日をもちろんのこと、記念日、イベントがあるごとにカードを送る文化があるようでして。

someecardは、インターネット上、無料でE-Cardsを提供している会社。

「E-Cardsのコンテンツ提供って今更、特にこれといって何もユニークじゃないんじゃ...。」

と実は思っていたのですが、最近、何やらこの会社、いろんなメディアやらにも取り上げられ、盛り上がっている様子。

じゃ何がそんなに話題になっているかといいますと。

ま、要はコピーが面白いらしい。

そして、結構バラエティーに富んだトピック、カードがあります。

例えばお誕生日にこんなカードを送るのはいかがでしょう?

b0103106_6171018.jpg


最近の不況をテーマにこんなのも。

b0103106_6253651.jpg
b0103106_6254716.jpg


さらに、アメリカはもうすぐColumbus Day(ちなみに今年は10月13日)っていうことで、こんなんもあります。

b0103106_6304067.jpg


ま、もし英語でカードを送る機会があれば、someecards.com、チェックしてみるのもいいかも。

その代わり、「someecardsからカード送ったら、友達なくした。」等のクレームは一切受け付けておりませんのであしからず。
[PR]
by Moondiva | 2008-10-08 00:00 | 徒然なること

HEROES

b0103106_23134038.jpg


日本ではどれくらい知名度があるのか、イマイチよく分からないのですが、「Heroes」というTVドラマがアメリカでは流行っておりまして。

ご飯を食べながらTVのチャンネルをカチカチ変えていると、「今日からHeroesのNew Seasonが始まるよ!」とのコマーシャル目撃。

Season 1、過去にちらっと観た時に、結構面白かったと思った記憶あり。

...そのわりには、今まで数回しかほとんど観てないんだけど。

ということで、一体どんなものか、Season 3、ちょっと観てみることに。

...1時間、頑張ってみた。

Heroesは本日9時からの2時間スペシャル。
でもね、10時からは私が毎週欠かさず観ているThe Hillsが始まっちゃったのですYO










正直、このドラマ、入り込めない。

いやね、多分、Season 1、2と続けて全部観ていれば、あらすじも分かって面白いのかもしれないのですが、まず、Season 3から見ても、話がよく分からないのですよ。

でもでも、何よりも私が入り込めない最大の理由は、日本人役の俳優達!

正直、途中、

「あれ、私、日本語講座見てたんだっけ?」

って思った。

...っていうかさ!

NBC、そもそも日本人役、東京を舞台に、日本語で演技させるのに、ほとんど日本語が話せない人を持ってくるって、それ、どういうことよ?!

メインキャラクターのHiro Nakamura役の人は、多少日本語にアクセントがあるけれど、まぁ、かなりNativeに近いので、ゆるすとしよう。

しかし。

Ando役の人、Hiroのお父さん役の人の日本語はありえなかった。

彼らが日本語で話しているとき、英語で字幕が出ていたのだけれど、私、思わず字幕読みつつ、彼らの日本語、確認しちゃったもん。

古典的に言いますと、ガクッって感じ。

あ、肩がね。

もうね、100年の恋も冷めるわ!って。

恋してねーけど。

HiroとAndoの会話シーンが出るたびに

「おーい、その設定で、その日本語はねぇだろ!」
っていうか、むしろ英語でしゃべってくれ!

って思ったもん。

と辛口コメントをしましたが、今回、Sneak Peak的な感じで観たため、現時点で私的にこのドラマが面白くないと結論付けるのはFairではない気がするので、機会があればSeason 1から観てみようかと。

でもやっぱり、あの日本語は何度観てもいただけない気がするのだけれど。

Heroesを観たことがある人、どう思ったか、感想教えてください。
[PR]
by moondiva | 2008-09-22 00:00 | 徒然なること

ステキ女子への道 お花編。

夏の間しばらくお休みしていたフラワーアレンジメント、久々に復活。

今日はWreathを作りました。

b0103106_1030395.jpg


ちなみにWreathの真ん中が青いのは、青いお皿の上に置いて作ったからなのですよ。

今日使ったお花&葉っぱは…
・Seeded Eucalyptus (先っぽがプチプチした葉っぱ)
・Spray Carnation
・Wax Flower
・Hypericum (←ピンクの実)
・Liguster (←紫の実)

Wreathを作るときには時計回りなど、一定方向に流れを作りながら活けると良しとのこと。

「やっぱり小さめのお花が散りばめてあるデザインはかわいい。」と独り言をつぶやきつつ、今日のレッスンを終えた私でした。
[PR]
by moondiva | 2008-09-21 00:00 | 徒然なること

取らぬ狸の皮算用?

犬が欲しいブームが未だ、自分の中で過ぎ去らない今日この頃。

「どの種類のわんこを飼うか?」

「名前は何にするか?」

「Leashはどういうのにするか?」

などなど、妄想劇場、炸裂中の日々。

Animal PlanetというTVチャンネルの「It's Me or the Dog!」という番組も積極的にチェックして、将来のDog Trainingにも準備万端(のはず)。

そんな中、今日も日々の日課、Net Surfingをしていたら、こんなタイトルの記事発見。

飼い犬の名前ランキング、「モモ」が不動の人気

生活用品製造卸のアイリスオーヤマ社が運営する犬の情報サイト『アイリスペットどっとコム 犬といっしょ』で、同サイト会員を対象に行っていた「飼い犬の名前に関するアンケート調査」の結果が12日(金)に明らかになり、昨年の調査に引き続き「モモ」が1位に輝いた。

【2008 総合ランキング】
1位:モモ、2位:マロン、3位:ナナ、4位:チョコ、5位:サクラ、6位:ハナ、7位:レオ、8位:ココ、9位:ラッキー、10位:リン。

【同 男の子ランキング】
1位:レオ、2位:チョコ、2位:マロン、4位:ラッキー、5位:ソラ、6位:コタロウ、6位:レオン、8位:マロ、9位:ココ、9位:コテツ。

【同 女の子ランキング】
1位:モモ、2位:ナナ、3位:サクラ、3位:ハナ、5位:リン、6位:マロン、7位:ミルク、8位:ココ、9位:チョコ、9位:マリン、9位:ラン。

※調査概要
実施期間:2008年6月26日~8月11日
回答数:2668頭
対象:『アイリスペットどっとコム 犬といっしょ』会員


確か、お友達のお家のわんこの名前もモモだったような。

昔、私のおばあちゃんのお家で飼っていたわんこ(2匹)の名前はトミー(→その当時、まだすごーくめずらしかった黒いプードル。世界で一番可愛かった。(←親バカ現象))とバンバン(→超ちっちゃいヨークシャテリア。私が小さい時に亡くなってしまったのであまり覚えてないのですが...。)

バンバンて!今思うと、おばあちゃんのセンス、すごいなぁ。

それにしても、人気のあるペットの名前って、何となく丸っこいイメージの名前が多い気がするのは私だけ?

私の(将来の)わんこはやっぱりドンペリと森伊蔵かしら?
[PR]
by moondiva | 2008-09-12 00:00 | 徒然なること

Vicky Cristina Barcelona

b0103106_2319222.jpg私のお友達の間で評判が高かったWoody Allen監督の映画、Vicky Cristina Barcelonaを観てきましたよ。

この映画、「ドカーンと金、かけました。」っていう、ハリウッド映画ではないのにも関わらず、CastはScarlett Johansson、Penélope Cruz、Javier Bardem(←あ、ちなみに彼は、2007年、No Country for Old Menに出演して、アカデミー賞(Best Supporting Actor)を受賞した人ですよ。)など、かなりの豪華メンバーが出演。

これもWoody Allen Powerか。

舞台はスペイン、バルセロナ&Oviedo。

ところでバルセロナを舞台にした映画って、どうしてこう「バルセロナで撮りました!」っていうのを前面に押し出してるんだろう...。

詳しいあらすじはWikipedia(英語Onlyだよ。)に載っているので、ネタばれ確実ですが、興味のある方はご参照あれ。

私の感想としては、「ちょっといろいろ考えさせられる映画だったな。」と。

あるシーンでCristinaが

「I don't know what I want, but it's not this」
(あ、表現、ちょっと違っているかもしれないけど、細かいところまで覚えておらず...。)

みたいなことを言ったのですが、それを聞いて私も思わず、

「分かる、分かる、分かる!」

って思いました。

自分がやりたいことはよく分からないのだけれど、やりたくないことは結構明確なのですよ、私も。

日本だと、ミニシアターでやるかもしれないので、もし、機会があれば、足を運んでみてくださいな。

スペイン、行きたい。
[PR]
by moondiva | 2008-09-10 00:00 | 徒然なること

読書の秋 -チーム・バチスタの栄光-

b0103106_1494330.jpg『今週末のManhattanは雨模様』

という天気予報だったので、「今週末は家に篭って読書をする!」と心に決め、土曜日の朝、早速BOOKOFFへ。

東野圭吾の本をGetする予定だったのですが、BOOKOFF推薦セクションの前を歩いている際、『チーム・バチスタの栄光』、発見。

第4回『このミス』大賞受賞作だの、待望の映画化!だののキャッチコピーが踊り、日本で話題になっている(いた?)本らしいので、「じゃあ、読んでみるか。」ということで購入。

そういえば、心臓外科医の人に会った時、お友達と「あ、この人、バリスタだ!」とか言っていたのだけれど、『バリスタ』はスタバとかでコーヒー作る人で、『バチスタ』は「左心室縮小形成術」とかいう手術の創始者の博士の名前なのね…。

まだ読んでいない人もいるかもしれないので、話の内容を書くことは控えますが、そもそもこの本のテーマって、ミステリーなのかしら…??

それよりも、大学病院の現状や、医療現場の状況など、現代医療が抱える問題の方がVividに描かれていた気がするのは私だけ??

『チーム・バチスタの栄光』、話のテンポも良かったし、面白かったといえば面白かったのですが、登場人物の描写とか、伏線の張り方とかは、そこまでWow Factorはなかったかなぁという印象。

『ナイチンゲールの沈黙』、『ジェネラル・ルージュの凱旋』と合わせて3部作らしいので、機会があれば、この2作品も読んでみるかも。
[PR]
by moondiva | 2008-09-07 12:48 | 徒然なること

『婚活』

以前、このブログで婚活についてちょっと触れましたが(過去エントリーはこちら)、その後、結構な数のお友達から

「婚活なんて、聞いたことねーし。」

というフィードバックが怒涛のごとく、来るわ、来るわ!

日本に住んでるお友達までも、聞いたことないなんて...。
でもね、心の底から、誓います。
ホントに「婚活が今、日本で熱い!」って話、聞いたんですぅ!


「このままだと私、『妄想野郎』とか、呼ばれかねないな...。」

と思っていた矢先。

奥さん、私、こんなもん、見つけちゃったよ!

ギネスブック公認 世界最大のインターネット・マッチングサイト match.com
独身男女の恋愛・結婚観調査『第20回match.com 愛の調べ ~ 婚活(コンカツ)編~


愛の調べって凄いね。
それにしても、Match.com、日本にもあったのね!


・ 独身男女の3人に1人が「婚活中」または「婚活予定」
・ 「婚活」費用 女性は毎月「1万円まで」 男性の1/3 以下
・ 「婚活」期間 男女ともに「1年以内」の短期集中型
・ 「婚活」した方がいいと思う有名人 第1位は「久本雅美」さん


「婚活した方がいいと思う有名人」て...。
超、余計なお世話!


b0103106_1512162.gif
b0103106_1513696.gif
b0103106_1514655.gif
b0103106_1515896.gif
b0103106_152915.gif
b0103106_3352156.gif
b0103106_3353995.gif
b0103106_3355164.gif
b0103106_336114.gif
b0103106_3361146.gif


インターネットによる調査で、25~39歳の1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)に在住する独身男女200人が回答。調査時期は8月。

どうよ!

私が個人的に気になったのは、「あなたにとって『婚活』とは何ですか?」という質問に対して、女性の41%が。

「家事などの生活力を身につけること」

と言ってるっていうデータ。

『婚活』って、「結婚を目的とした出会いを増やし、魅力を高めるように行動すること」って聞いたけど、魅力を高めるって点で、やっぱり今の時代も、大和なでしこは『家事』重視なのかね?

でもさ、出会いがなかったら、そもそもその能力、披露できないよなぁ...。

Anyway、これで日本が『婚活』が流行っているらしいっていう私の発言、信じてもらえたでしょうか??

あれ、まだ怪しい?

 
[PR]
by moondiva | 2008-09-05 14:41 | 徒然なること

I Heart 東野圭吾

お恥ずかしながら、今まで漫画・雑誌以外の本はほとんど読んだことがなかった私。

強いて言えば愛読書はBaila、More、US Magazine、OK…。
Japanese Fashion or Gossipってことか…。


そんな私が最近どっぷりはまっているのが読書。

それも東野圭吾の本、限定。

一番最初に読んだ東野圭吾の本は確か『白夜行』。

初めて本を手にしたとき、Harry Potterシリーズと同じくらい「これ、凶器?!」と思いましたが。

ちなみに、私、Harry Potterは一巻読むのに半年以上かかりました。
だって、私的には前半結構退屈で、のってくるまで時間がかかったのですよ。


でもでも!

読み始めたらグングングーングン吸い込まれて、睡眠時間をギリギリまで削りつつ、数日で制覇!

その他、東野圭吾作品で今まで私が読んだのは…
・幻夜
・手紙
・秘密
・時生
・予知夢
・さまよう刃
・レイクサイド
・容疑者Xの献身
…ってところかと。

彼の作品、いつもひねりがあって、あと人間の心情の深いところをついてて面白いなって思うのですよ。

今まで読んだ作品の中で、私が一番好きなのは『秘密』。

もうね、これは最後、野獣が如く、うおううおう嗚咽を上げながら読みました。

今手元にある東野圭吾の本は全て読んでしまったので、明日あたりちょっくらBookoffに行って新たな作品を入手してこないと。

この秋は食欲の秋だけではなく、読書の秋にもなりそうな予感!
[PR]
by moondiva | 2008-09-03 00:00 | 徒然なること

Nike's Human Race 10K

走るの大嫌い、Central Parkでジョギング中、颯爽と走るリスにまで抜かされたという経験を持つ私。

そんな私がお友達に「8月末、一緒にNikeのHuman Race、走らない?」と誘われ、調子に乗って「あ、いいよ。」と言ってしまったのが数ヶ月前。

その後、自分のお調子者っぷりを恨み、何度後悔したことか!

「やります。」と言ってしまったからには、後には引けない。

お友達=会社の同僚だから雲隠れも無理。

っちゅうことで、(嫌々ながら)週、2~3回のトレーニングを行い、走ってきましたよ、Nike's Human Race 10K!

b0103106_2563444.jpg


ちなみにこの写真はレース後、お友達が持ってきた、使用期限が2006年の使い捨てカメラで撮影。
ビックリするくらい、ぼやけてます!


このレース、Runnersはみんな、真っ赤なお揃いTシャツを着用しなくてはならないらしく、レース前日にNike TownへTシャツ&その他諸々のRace Goodsをピックアップ。

当日、NYCのレース参加者、約10,000人。

それもみんな、同じTシャツだからちょっと異様な雰囲気。

いやね、実はトレーニングでも10Kは走ったことがなく、「ホントに私、走れるの?」ってすんごく不安だったのですが、いやー、レースが始まったら、止まる余裕なし!

だって、ところてん状態じゃないんだけど、自分が止まったら最後、後ろが支えちゃいそうなのですよ。

ということで、もう何かに押し出されるがごとく、走る、走る。

ふと、「これってまさに、(本で読んだ)スイミーみたいだなぁ」なんて思ったりして。

5Kってサインを見たとき、「まだ半分!?」と心がくじけそうになったのですが、そのとき、沿道にNYCではある程度有名(?)なNaked Cowboy発見。

b0103106_3223710.jpg


Naked Cowboyのおかげか、6K地点位でRunners High現象がKick in。

途中、何度かおなかが痛くなりつつも、何とか10K完走。

タイムはちょうど1時間だったのだけれど、これが速いのか、遅いのかは謎。

コースが一部、すごく狭くて、途中、歩かなくてはいけない箇所が何箇所があったので、それがなければ1時間切れたっぽい。


走っている最中は「もう、二度と走りたくない!」って思っていたのに、終わった途端、「また走ってもいいかな?」なんて思っている自分がいて摩訶不思議。

とにかく、走り終わった後、足の親指が痛いので、これが治るまではしばらく走るのはお休みして、今度はBicyclingでもはじめようかなと考え中。

あ、Gymも行かないと。
[PR]
by moondiva | 2008-08-31 00:00 | 徒然なること