New York, NY 10017

moondiva.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:遊ぶの大好き( 29 )

Halloweenは結構大変。

いや、何が大変って、まず衣装の準備。

(言い訳としまして)今回はずっと仕事でパタパタしていた&当日も出勤しなくてはならなかったので、夕方まで衣装のことを考える余裕すらありませんで。

ちなみに去年の衣装は『不思議な国のアリスのトランプクイーン』。

えー、直接衣装をご覧になった皆様、その節は「なぜ(いっぱいあるChoicesから)あえてそれを選ぶ?」という声を多数お寄せいただき、ありがとうございました。

ま、そんな諸事情もありまして、今年も同じ衣装で登場はきつい。

でも、今年のHalloween Party、主催者より、「絶対仮装をしてくるように」という事前通達あり。

最終兵器、『(トイレットペーパー巻いて)Mummy』をオプションとして心に留めつつ、当日の夕方、お友達に泣きついたところ、彼女が去年来た衣装を借りることができることに。

というわけで今年は私、晴れて『ハチ』になりました。

そして、衣装を借りるのみならず、お友達にきれいに髪の毛のセット、化粧までしてもらいました。

やっぱり持つべきものはおしゃれで優しいお友達ですな。


そんなこんなで衣装は無事調達、まずはお友達のお家のパーティーに出陣。

Upper Westにある素敵なアパート、デコレーションもすごく凝ってたし、お料理ももちろん手作り、とっても充実&美味だったし、ホント、「こんな日本人の嫁(←友達)が欲しいぃ!」と心から思いました。

あと、(おっさん的な感想ですが、)女子の仮装にめちゃめちゃ萌えました。

その後、団体様ご一行はMidtown WestにあるBarへ移動。

街中が仮装した人々で溢れておりまして。

ある意味、無法地帯になのですよ。

何度か、明らかに酔い潰れ寸前のモンスターたちが襲い掛かってきたので(←ま、「Happy Halloween!」とか言いながら抱きついてくるってことですが。)、『ハチ』としては、きちんと刺しておきました(=尻アタック)。

Barでももう何が何だか分からない感じだったのですが、とりあえず、踊り狂っておきました。

眠気との戦いに勝てず、お友達を残し、私は夜中2時に帰宅。

そして翌日。

やっぱり体は正直なので、ダメージがもろにくるのですよ。

もう若くない。

本日はリカバリー(=家でゴロゴロする。)に全神経集中。

ま、Halloweenはいろいろ大変なのですが、やっぱり楽しいので、きっと来年も何かしら仮装して、年甲斐もなくはしゃぐのではないかと。

来年のHalloweenに乞うご期待!(←誰もしてねー。)
[PR]
by moondiva | 2009-11-01 10:49 | 遊ぶの大好き

Happy Halloween!

Happy Halloween!...て気が付いたら10月も最終日。

さてこの10月、覚えている限りですが、一体何をしていたかといいますと。。。

まずSF旅行。

仲良しのiloveappleちゃん宅を、これまた仲良しのitsanyclifeさん&Yちゃんとともに襲撃。

詳しい模様はitsanyclifeさんのブログに記載されているので、万が一興味がある場合はこちらをClick

いやあ、グルメな旅だった。

あとは私の会社が燃えまして。

っていうのも、私の会社の入ったビル、40階建て位なのですが、週末の朝方、誰もいない7階にあるオフィスから出火。

原因は配線かなにからしいけど。

私のオフィスは5階なのですが、思いっきり大打撃。

めっちゃパニック!

ってことで、数日間、オフィス立ち入り禁止&同じビルのすんげー煙たい19階に避難させられまして。

今も19階の仮の宿で日々仕事をしているのですが、あと1ヶ月位は仮の宿住まい。

それ以外は、ちょこちょこお友達とご飯を食べに行ったり、あとはもっぱらサービス残業の日々ってな感じでして。

最近、時の流れを感じるのは、東京の大好きなお友達、Jubitigerちゃんのブログで、Tigerの成長っぷりを見るときかなぁ。

Jubitigerちゃん、勝手にリンクしてごめん!もしNGならメールおくれ~。

嗚呼、そして気が付けば2009年も残り僅か!

毎日充実した時間を過ごさなければ!。。。ということで、今からHalloween Partyへ出陣してまいります!
[PR]
by moondiva | 2009-10-31 06:50 | 遊ぶの大好き

Bermuda = The Beauty of Triple Bs (Beaches, Boozes & BFF)!

夏だ!Beachだ!

ということで、週末を利用してBermudaに行ってきました。

b0103106_10415126.jpg


NYCからBermudaまでは直行の飛行機で2時間弱と、下手にアメリカ国内を旅行するより全然近い。

私たちはギリギリに旅行をプランしたので、直行便は既にSold Out。

ちゅうことで、DC経由でBermuda入りだったのですが。


Bermuda Triangleっていうくらいだから、飛行機相当揺れるんじゃない?!

…と不安たっぷりでしたが、行きも帰りも、快適なFlightsで一安心。

朝4時起きで出発したのにも関わらず、ホテルに着くや否や、活動開始。

まず目に付いたのは、膝丈のズボン&膝丈の靴下をはいている男の人が多いこと。

ちなみにこの格好はBermuda shortsというらしく、一応正装だそう。

Bermudaは人口約7万人のとても小さな国。

移動は車もしくはスクーターということで、私たちは3日間バス&フェリー乗り放題チケット($28…だったと思うのだけれど…。)を購入。

ちなみにBermudaではUS $がそのまま使えます。

US $1=Bermuda $1。

物価もNYC並み。

税金はないけれど、レストランではサービスチャージ、15%~17%が自動的に含まれてきます。


ということで、国中(っていうか町中という感じだったけど)をバスで移動。

バスは15分~30分に一本、夜11時くらいまで走っています。

ただし、日曜日は夕方6時位に西からHamiltonに向かうバスは終わってしまうので要注意。


Bermuda滞在中、私達がしたことは、まさに食う寝る遊ぶ。

Beachでボーッとする、海に入って遊ぶ、シュノーケリング、食事、飲み…

以上。


買い物などは一切せず、ひたすら(いい年して)小学生のごとく遊びまくりまして。

はしゃぎすぎて、海の中で水着のパンツが脱げそうになったり、椰子の木に登って足の裏が傷だらけになったり、芝生でみんなで寝転がって星を眺めたり、何故か体操をしたり、猫と戯れたり、ピカピカの太陽に照らされて(さらに)真っ黒に日焼けしたり…。

今回、数か所のBeachesに行ったのですが、おすすめはElbow Beachというところ。

Elbow BeachにはMandarin Orientalがあります。

綺麗な砂浜で、海の水も透明、波も比較的穏やかで、めちゃめちゃ気持ち良し。

食事に関しては、意外にも全体的に結構質が高かったのですが、特に、Mandarin OrientalにあるMickey's Bistroで食べたパスタ(Linguini “Pescatore”)がめちゃめちゃおいしかった!

あー、もう一回食べたい!

毎日、朝から晩まで遊びに遊んで、あっという間の3日間。

アメリカの東海岸に住んでる人にはお手軽にいけるResortなので、かなりお勧めです。

いやぁ、Bermuda Triangleで行方不明にならず帰ってこられて良かった、良かった。
[PR]
by moondiva | 2009-08-19 11:47 | 遊ぶの大好き

LA, Here I Come!

先週末のお話ですが、大好きなお友達に会いにLAに行ってきましたよ。

まず行きの飛行機がかなり強烈でして。

私の席の前の列に5人家族ご一行が座っていたのですが、その中に赤ちゃん発見。

もちろん嫌な予感的中。

NYからLAまでの6時間、前半の3時間はほぼNon-Stopで泣き叫んでくれました。

その赤ちゃんをあやすために、パパとママが交代で赤ちゃんを抱っこしていたのですが、途中、夫婦喧嘩勃発。

この夫婦、英語じゃなくて謎の言葉でしゃべっていたので、何が繰り広がっているのかは予測できず。

そしてママ、乳丸出しで授乳開始。

いやぁ、どうしたらいいか、(勝手に)困った。

さらに、飛行機のTake Off後、シートベルト着用のサインも消えたし、席をちょっと倒そうとすると、後ろからおっさんの「痛たたたたたっ!」との声が。

後ろを振り返り、

「えーっと、ちょっと席を倒してもいいですか?」

とたずねたところ、

「ええ…(もし倒せるなら…。)」

との返事。

「もし倒せるならってどういうこった!?」

と、もう一回よくよく後ろを振り返ると、このおっさん、明らかにEconomyの席は無理だろう!っていう立派な体型をされておりまして。

「これ、ありえないよね?」

と、フライトアテンダンスのお姉さんに事情を説明し何とかしてほしいと懇願したところ、フライトは満席でどうしようもできないとのこと。

ということで、6時間、席をほぼ90度に保ったままのフライト。

さらに、後ろの太ったおっさん、途中いい感じに眠りに入られまして。

それはいいんだけど、すげーイビキ&奴が呼吸するたびにその息が私の首に吹きかかってきて、超ホラー。

今回一緒に旅したYちゃんが隣でいい感じで寝ていたのがすごくうらやましかった。

6時間の空の旅、全然眠れずLA到着。

幸先ブルーな感じでスタートしたLA旅行だったのですが、LAに着いてからはもう、楽しくって、楽しくって!

LAはまずお天気が最高。

West Hollywoodでハイキング、Santa Monica Pierを散歩、Malibuで乗馬。

Malibuの海岸沿いをドライブ、Beverly Hillsの豪邸&観光地めぐりなどなど、アクティビティーめっちゃ充実。

さらに食事はSanta Monicaの最高の眺めのカフェでブランチ、秘密(?)の焼肉屋さんでお夕飯、Vodka Bar、(ホントかどうかしらないけれど)LAで一番おいしいという噂のBurger屋さんでブランチなどなど、こちらも大満足!

お友達とも久しぶりに会ってたくさんお話できたし、大満足の週末。

また近々、LAに行かねば!と心に誓ったのでした。
[PR]
by moondiva | 2009-08-10 10:49 | 遊ぶの大好き

Birthday Bash!

私事ですが、11月28日にまた1つ、歳をとりまして。

ぱちぱちぱち♪

そして、何故か私の周りには11月生まれのお友達が多い。

ということで、11月生まれのお友達、まとめて祝いましょうパーティー@DROMが今週末開催されました。

DROMは私のお友達が経営する、East VillageにあるBarです。

夜9時スタート。

時間きっかり日本人の私は、スタート時間にShow Upしたのですが、(もちろん)まだほとんど誰もおらず。

みんな、10時近くになってようやく姿を見せ始めました。

ホッと一安心...。


今回は私を含め、3人のお誕生日会だったのですが、総勢80人強、パーティーに来てくれました。

寒い中、パーティーに来てくれたお友達、本当にどうもありがとう☆

飲んで、しゃべって、Birthday Cake食べて、飲んで、しゃべって、踊って、飲んで、気が付いたら夜中3時...。

楽しかった♪

「ニューヨークに来てから、たくさん素晴らしい出会いに恵まれたなぁ...。」

と改めて、心から感謝。

今年も、周りの人たちの優しさに感謝しながら、きらきらした日々を過ごしていきたいなぁ。

不束者の私ですが、これからもどうぞよろしくお願いします!
[PR]
by moondiva | 2008-11-28 00:00 | 遊ぶの大好き

I Heart San Francisco

またまたご無沙汰しておりましたが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

私、お休みをいただいて、しばらくSan Franciscoに行っておりまして。

実は、(誰も気にしないかもしれないけど)、結構長ーいSF旅行記を書いていたのですが、私のPCの不具合により、一瞬にして、その文章、どこかへ飛び立っていきまして。

嗚呼…。

と呆然としていたところでございます。

…また気力が出たら書きます。

取り急ぎ、SFはすんごい楽しかったよっていうお知らせでした。

-------------------------------------------------------------------------------------

…一晩寝て、気力を多少取り戻したので、再度、旅行記にチャレンジしてみようかと。

b0103106_149846.jpg
★観光★

Fishermans Wharf

Fishermans Wharfは昔、イタリア人漁師の船着場として栄えた場所らしいのですが、今はSFの観光名所に。

ここからは天気が良ければAlcatraz、Golden Gate Bridge、SFの街並などが見えるので、景色を見るっていう意味では絶好スポット。

そして何故かFishermans WharfにはSea Lionsが生息しておりまして。

Sea Lions達、狂ったようにウォーウォー叫んでたんですが。

私は多分、嗅覚が敏感なので、途中、獣臭に耐えられず数分で退散。


ただ、ここにある食べ物屋さんとか、お土産屋さんはちょっとガッカリな感じなお店が多いので、景色を見るのを目的にして、こちらを訪れると良いかと。

Alcatraz Night Tour

Pier 33からFerryで15分くらいの場所にある小さい島がAlcatraz Island。

こちらには脱出不可能と言われたアルカトラズ刑務所の跡地がありまして、今では観光名所となっております。

(お恥ずかしながら)私はアルカトラズ刑務所について、全然知らなかったのですが、今回一緒に旅行したFが「絶対、Alcatraz Night Tour、Creepyで面白いよ!」とPushするので、我々、行ってきましたよ。

何か、The Rockとかいう映画の舞台らしく、その映画を見ていたFはどうしても行ってみたかったとのこと。

Audio Tourのガイドに沿って、刑務所跡地を2時間位歩き回るツアーなんですけどね、奥さんこれがなかなか良かった。

かなり詳細までいろいろ説明してくれるし、自分のペースで歩きまわれるし。

Night Tourはお1人$33。

Ferry&IslandからのSFの街並も美しいし、こちら個人的にかなりお勧めです。

Golden Gate Bridge/Presidio

「SFに来たからにはGolden Gate Bridge渡りたい!」

というFの要望によりまして、我々の滞在していたNob HillというエリアからGolden Gate Bridgeまで歩け歩け大会開催。

水辺沿いを歩いたのですが、平日の昼間っていうのに、ジョギングをしている人の多いこと!

やっぱりSFの人たちはHealth Consciousの人が多いなぁと実感。

あと、犬の散歩をしている人も多く、犬好きにはたまらない☆

数時間歩いた後、Golden Gate Bridgeの近くにあるThe Warming HutとかいうCafe兼お土産屋さんでホッと一息。

結局、Golden Gate Bridgeに辿り着いた頃にはすでにくたっくただったので、橋を渡ることはなかったのですが、橋&景色は綺麗だったなぁと。

暖かい日に行って、水辺に座って昼寝とか読書とかしたら気持ちいいのではないかと。

★レストラン・Bar★

La Méditerraneé

Fillmoreにあるこじんまりとした可愛らしいMediteranean Restaurant。

私はMiddle Eastern PlateというChicken Cilicia、Grecian Spinach & Feta、Levant Sandwich & Lamb Luleが一皿にのってくるアイテムをチョイス。

私はあまりMiddle Eastern Foodってそこまで好きな方ではないのですが、このPlateはなかなかおいしかった。

このプレート、結構ボリュームもあって、$12.25とコスパも優秀。

SFに住んでいたらリピするだろうなぁと。

お店が小さいので大人数で行くのには向いていないような気がしますが。

La Boulange de Polk

以前SFに来たときに、お友達にLa Boulange(Pacific Heightsの方)に連れて行ってもらったことがあったのですが、その時に食べたBakeryがおいしかったのを思い出しまして。

今回滞在しているNob HillからPolk Stは徒歩10分程度ちゅうーことで、またまた行ってまいりました、La Boulange。

私はFrench Toast & Cafe Latteをオーダー。

美味♪

SFに住んでいたら、自分のLaptopを持ち込んで、ここでCoffeeでも飲みながら仕事したいなと。

Nihon Whisky Lounge

Palo Altoに住むお友達、Mに連れて行ってもらったMissionというエリアにあるWhisky Bar。

最初、「Nihonって!」

って思ったのですが、内装は別にそこまでJapanese Japaneseしているわけでもなく、Drink MenuもWhiskeyだけではなく、Cocktailsなど、かなりバラエティー揃えてました。

ご飯は食べなかったので、食事はどんなものかは分からないのですが。

私は柚子の入った甘いカクテルを飲んだのですが、これがかなりヒット。

私たちは金曜日の夜、12時近くに行ったのにも関わらず、そこまで混んでおらず。

照明はちょっと暗め、Live DJが音楽をかけているけれどそこまでうるさすぎず、雰囲気はなかなかいいかと。

Chez Panisse

「SFに行ったらどこのレストランに行ったらいいかね?」

とSF&Bay Area在住のお友達にリサーチしたところ、みんな口を揃えてこたえたのが、こちらChez Panisse。

「どこだよ、それ?」

ってググったところ、SFではなくて、Berkeleyにあることが判明。

ということで、今回(も)いろいろお世話になったお友達夫婦、K&Mにお願いし、一緒にNYからSF旅行をしてくれたF、Kもまとめて、5人で45分間、SFからBerkeleyへのドライブを堪能しつつ、行ってきましたYO。

こちらChez PanisseはAlice Watersという超有名Chef(?)のお店で、California Cuisineの発祥の地とのこと。

ちなみに私、"What the hell is California Cuisine??"と思っていたのですが、ググったところ、Californiaで採れた新鮮な海の幸や野菜を使い、和食や中華、そのほかエスニックの素材や技法を組み合わせて作る創作料理とのこと。

要は地元の食材を使った創作料理ってことでしょうかね。


Chez Panisseは1階がDining、2階がCafeとなっているのですが、今回私たちはせっかくだからということでDiningでお食事。

Diningでのお食事は日替わりでメニューがFixされています。

みんなが太鼓判を押したのも納得。

個人的には、今まで食べた食事の中で1、2を行く位、おいしかったです。

私は基本的にあっさりした味付けが好きなので、素材の味を活かしたシンプルな味付がヒットしたのかと。

Fix Menuはお1人様$95、Plus 私たちはワインをオーダーしたりしたので、最終的にはお1人様$150。

今まで行った同じPrice Rangeのレストランに比べると、全然Chez Panisseの方が質は高いと思いました。

Bouchon

NapaにWinaries Tourに行ったときにLunchで立ち寄ったのがBouchon。

…せっかく事前に予約してワクワクして行ったのに、実際にレストランに着いたら私、食欲がなくなっちゃって、全然食べられず。

お友達によると、とっても美味だったとのこと。

ここは次回、リベンジしなければ。

Armani Cafe

Union SqにあるArmaniのお店内にあるレストラン。

SFを訪れるたびに、何故か立ち寄って、ここでパスタを食べるのですよ。

ということで、今回もRoutine消化。

お買い物で疲れた後にホッと一息ということでお勧めです。

b0103106_1494633.jpg

★Wineries @ Napa★

Quintessa

モダンな施設を取り揃えたWinary。

えー、ただこちら、かなーり分かりにくい場所にありまして、我々、40分くらい道に迷うというアクシデントあり。

こちらに行く予定のある方は要注意。


30分位かけてWinery内をツアー。

歩きながら白ワインをTasting。

この時、ツアーガイドのお姉ちゃんが自分のグラスにも並々をワインを注いで、ガブガブ飲んでいたのにはビックリ。

「お前もそんな飲むのかよ?!」って。


ひととおり、施設を見学した後は、カナッペなど3種類のPairing Foodとともに、3種類の赤ワインをTasting。

有名どころのWinaryのように混雑しておらず、好きなだけ、ツアーガイドのお姉ちゃんに質問もできたし、ワインはとっても美味だったし、かなり満足。

お一人様、$65です。

Schramsberg

Quintessaとは打って変わって、こちらは伝統的な感じ、職人の腕(Riddlingとかいうワインボトルを巧みに回す技とか?)にたよった形で経営しているWinaries。

ちなみにWhite HoseもここからWineを仕入れているとのこと。

Wineryは洞窟内にありましたYO。

こちらはSparkling Wineが主の様子で、5種類のワインがTastingできました。

正直、ワイン自体の味はQuintessaの方が好きだったのですが、ここのツアーガイドのおっさんが相当面白くって、彼のガイドを聞けただけでも行った価値があったかと。

お1人様、$35。

...っていうのが今回の旅行のハイライト。

この他にも、China Town、Telegraph Hill、Union Sq散策、Lambard St(うねうねの坂で有名な道)ドライブ、Stanford Campus Quick Tourなどいろいろやったのですが。

あと、SFのHomelessの方々、NYの方々とは違って、すんごいしゃべりかけてくるのにビックリ。

地図を開いて、道を確認していると、

"Hey, where do you wanna go?"

みたいな感じで話かけてきて、道を丁寧に説明してくれるのですが、その後に

"Oh, can you spare any change by the way?"

...「それってある意味、押し売りじゃねーの?」と。

Anyway、全般的に、NYに比べると、人々はのんびりしていて余裕がある感じ。

ここに住むのもいいかなぁとちょっと考え始めましたよ。
[PR]
by moondiva | 2008-11-25 00:00 | 遊ぶの大好き

Happy Halloween

10月31日はHalloween Day。

アメリカでは、老若男女問わず、この日は日本のコスプレ顔負けの仮装して、お祝いする模様。

こちらNew Yorkでも毎年、6th Avenueという道路を完全封鎖して、仮装した人達が街を練る歩く、Halloween Paradeが繰り広げられます。

さてさて、「私自身、最後に仮装したのはいつのことだろう?」と考えてみたところ、大学時代までさかのぼらないとならないことが判明。

その時は確か、顔を白塗りにして、口から血が流れているような真っ赤なペインティングをして、ドラキュラに扮装した記憶が。

次の日、肌が荒れまくって大変だった苦い思い出もあり。


ということで、「せっかくだし、Halloweenは仮装しようぜよ!」と(無理やり)お友達を巻き込みまして、10年ぶりにFull Costumeで仮装して、West VillageにあるGay Bar、Monster
とやらに行ってまいりました。

b0103106_3124057.jpg

一応、プライバシー保護のため、みんなの顔はカバーしております。

女子は女海賊、Sexy Policeや、Sexy Beeなど、お色気ムンムン(←古い?)のコスチューム。

ちなみに私は不思議な国のアリスに出てくるThe Queen of Hearts。

男子はBlade of Gloryという映画に出てくるMichael and Michaelというキャラクターのコスチューム、アラブの王様、Policeなどなどに扮装。

最初は「コスチュームを着て街中を歩くのはちょいと恥ずかしいかなぁ…」と思っていたのですが、実際は、全然そんなことはなく、コスチュームを着ていない人の方が少ないくらい、みんなHard Core Costume着用。

むしろ仮装していないと、取り残された感を感じてしまいそうな雰囲気。

さらにBarの中は、みんな仮装していて、もう、何が何だか分からない状態。

ちなみにGay Barに行ったので、女子がどんなにSexy Costumeを着ていようとも、ある意味安心。

男子はいろんな人に声をかけられたり、トイレに行くのを怖がったりして大変そうだったけれど…。


ホント、Viva 仮装!めちゃめちゃ楽しかった。

もう、こういうイベントは、恥ずかしがらないで、楽しんでしまった者勝ちです。

私がNYにいる限り、来年も仮装パーティーを企画すると思うので、一緒に参加したい人はご一報あれ♪

Monster
80 Grove. St. (Between 4th St. & South 7th Ave.)
New York, NY
[PR]
by moondiva | 2008-10-31 00:00 | 遊ぶの大好き

Madama Butterfly@Met Opera

b0103106_4285627.jpg


私のお友達で年末に結婚するため長年住んだNew Yorkを離れる子がおりまして。

その子、「New Yorkを去る前にやっておきたいことリスト」というのを作成した模様。

そしてそのリストの1つが「Metropolitan Operaを観ること。」

私も今までMetropolitan Operaは観たことがない。

っていうか、Opera自体、観たことがない。

ということで、金曜日の夜、Madama Butterflyを観に行ってまいりました。

実は今回、何から何まで、すべてお友達任せにしていたので、Madama Butterflyが一体どんな話なのかなんて、当日まで全く知らず。

…舞台が日本(長崎)でビックリ。

いやね、最初いきなりAsianな衣装を着た人が出てきたときは、「これは中国の話か?」と思ったのですが。

1904年の長崎が舞台にしてはね、衣装がもう、ちょっとお内裏様、お雛様みたいな色使いで、明らかにおかしいのですが、まぁ、それは、仕方ないのか…?


そして、Madama Butterflyって「蝶々夫人」なのね!

しばらく、「もしかして蝶々夫人=お蝶夫人なのか?」と思っていたのですが、話が進むにつれ、「(蝶々夫人は)巻き髪じゃない。」、「(蝶々夫人は)全然ゴージャスじゃない。」など、明らかにお蝶夫人のイメージと蝶々夫人が違ったので、この2人は別人らしいということをお勉強。

演奏時間は2時間30分位で、休憩は2回。

話自体は、アメリカのNavy Officerに騙されて弄ばれた挙句に捨てられて自殺する、可哀想な蝶々夫人の話。

話の流れ自体はシンプルなのですが、時間はあっという間に過ぎ、自分でも意外、結構、はまった。

何はともあれ、蝶々夫人を演じたソプラノの人の声に聞き惚れたの一言。

また機会があれば、Opera行ってみようかと。

お勧めのOperaがあれば是非ご一報を!
[PR]
by moondiva | 2008-10-24 00:00 | 遊ぶの大好き

復活!? ちゃりんこ暴走族。

我が家は今の今まで、一度も車を所有したことがない。

パパ&ママ共に、ゴールド免許保持者(のはず)。

だってそもそも車を運転しないから事故起こさないし。


ということで、小さい頃から、我が家はみんな、自転車愛用者。

私のママは昔、自転車の前に私、後ろにお姉ちゃんを乗せながら、本の配達の仕事をするという、今振り返ると、明らかに神業なことをしていたのですが、一度、あまりの重さにすっころんだ記憶あり。

かあちゃん、すげー。

さらに姉弟で自転車を取り合うという争いも、度々勃発した記憶あり。


しかし。

ニューヨークに引っ越してからというもの、日本にいた頃はあんなに愛した自転車だったのに、すっかり頭の片隅に追いやられまくっておりました。

私が自転車だったら心底やさぐれまくっていてもおかしくない状況の中、先週末、お友達が学生時代、自転車部の部長だったことが発覚。

確かに奴のふくらはぎは半端ねー。

さらに、彼&彼の愛妻が週末にサイクリングに行く予定という情報を入手。

それを聞いた途端、昔取った杵柄、ちゃりんこ暴走族時代の記憶がフラッシュバック。

ということで、厚かましくも、そのサイクリングに急遽参加させてもらうことに。

日曜日、朝早くから行ってきましたよ、サイクリング!

私はもちろん、仲良し夫婦も自転車は持っていないので、自転車はレンタルすることに。

私も友達に聞くまで知らなかったのですが、Bike Around Downtownというプログラムを利用すると、4時間無料で自転車をレンタルすることができるらしい。

詳しい情報はこちら


仲良し夫婦のお友達(My Bicycle所有者。)も参加し、4人で即席ちゃりんこ暴走族、発足。

まずSouth Seaportで自転車を借り、地下鉄のR Lineに乗って、Whitehall South Ferry駅からBrooklynのBay Ridge Ave駅へ。

いやー、エレベーターがないから、自転車抱えて地下鉄の駅を上り下りして、一瞬何の修行かと思った。

いよいよ、隊長の指示の下、ちゃりんこ暴走族、活動開始。

Bay Ridge Ave駅から水辺のBike Routeに沿って、Coney Islandへ。

ちなみにConey Islandは毎年夏に、ホットドッグ早食いコンテストが開催される場所です。

日本人の小林さんが有名ですよね、確か?


Coney Islandまでは(調子に乗り)、私、かなりいいペースで暴走。

そして、我々、(きわどい水着着用の)ご年配率が多いConey Islandのボードウォーク沿いを颯爽と駆け抜け、Rockaway Park Beachを目指しました。

ここら辺から私のペースがガクッと落ち、途中、R(→ちゃりんこ暴走族隊長の妻)より、

「私、遅いから抜かしていいよー。」

と声をかけられるも

「抜かしたくても抜かせねー。」

という返事すらできないほどのへたれっぷり。

隊長のお友達のMy Bicycle保持者、Jが途中、

「大丈夫?」

と声をかけてくれるも、

「死ぬ。」

と、本日初対面の彼に対しても、いっぱいいっぱいっぷりを披露。


そ、そして、Rockaway Park Beachの手前、The Marine Parkway - Gil Hodges Memorial Bridgeとかいう(私にとっての)超関門がデデーンと登場。

もうこの橋、(Again、私にとって)心臓破りの橋で、何度途中で自転車を降りて歩こうと思ったことか!

「歩いたら負け!」と誰にもそんな勝負、挑まれていないのに、勝手に自らに叱咤激励、ヘロッヘロになりつつ、何とか橋を渡る。

いやー、この橋、風も結構あって、葛西橋並みに辛かった。

あ、ごめん、ローカルネタで。


息も絶え絶え、スタートから約2時間30分後、Beachを横目にしつつ、最終目的地、Rockaway Park Beach 116st駅到着。

今回のサイクリングコースはこの地図を見ていただければ、なんとなーく分かるかしら?
b0103106_484166.gif


自転車から降りた瞬間、生まれたての小鹿のごとく、足がよろっよろ。

地下鉄内、結構混んだ車内にも関わらず、我々始発駅から乗り込んだので、自転車4台でどっかりスペースを確保。

何となく肩身が狭い気がしたのも初めの数分、体力的にもう他のことに気がまわるほどの余裕もないので、自らもどっかりシートに座り、マンハッタンへ無事帰還。

そしてSouth Seaportに自転車を返却し、即席ちゃりんこ暴走族、解散。

この後、我々は腹ペコだったので、China TownにあるMalaysian Restaurantへ直行。

消費したカロリーを一気に取り戻す...っていうか消費以上に摂取。


そして本日、私のお尻は悲鳴を上げております。

久々のサイクリング、風景は楽しめたし、良い運動にもなったし、かなり気持ち良かったので、ちょっとこれはちゃりんこ暴走族(もしくはひとり暴走)、はまりそうな予感。

...まず、自転車を買わないとか。

これはお財布と相談しないと。
[PR]
by moondiva | 2008-09-15 00:00 | 遊ぶの大好き

食いだおれ in London。

イスタンブールからニューヨークへの帰り道、ロンドンにも5日間、滞在。

今回は十年来のお友達で、ロンドンでLife Style/Food Photographerとして活躍する由紀が街案内をしてくれたというのもあり、「"イギリスの食事はおいしくない"って言っているのは、どこの誰よ?!」っていうくらい、スーパー食いだおれの旅となりました。

今回訪れたレストラン in Londonで印象に残っているのはこちらの2つ。

Anchor & Hope

Waterloo駅の近くにある、Gastropubと言われる普通のPub Foodより質の高い食事を出してくれるPubとレストランが併設しているお店。

ちなみにGastopub、アメリカでは聞いたことがないので、多分イギリス用語なのかと。

PubはWalk-inで入れるのですが、レストランは予約を取らないので、数時間待ちは覚悟しなくてはいけない最近人気のお店とのこと。

ここで食べたステーキがめっちゃ、おいしかった!

ま、値段もそこそこ(っていうか結構)するのですが、機会があれば是非!

New Tayyab

East Londonにあるパキスタン料理のお店。

こちらもかなり行列ができていたのですが、お客さんの回転はかなり早い印象。ということで、いつ行っても、数時間待つということはないかと。

BYOB(=お酒持ち込みOK。アルコールのメニューがお店にない。)のお店です。

ここで食べたLamb Chop&ヨーグルトドリンク、ラッシーがおいしかった!

この他も食に関してだと、ケンジントンパレスの敷地内にあるオランジェリーでアフタヌーンティーを堪能したり、Laduréeに行っておいしいマカロンを食べたり、Borough Marketというヨーロッパ最大のFood Marketでいろいろ味見をしまくったり、お家でおいしい食事を作ったり。

あ、Borough Marketで味見したRoastってお店のPork、おいしかったなぁ…。

Tate Museum、テムズ河沿い散歩、Oxford Circle、Piccadilly Circus、Camden散策などなど、The London 観光的なことももちろん行ったのですが、カメラを忘れたので写真なし…。

そうそう、ロンドンから車で南の方向、1時間ちょっとのところにある、Lewes & Brightonという街への小旅行にも行きました。

b0103106_21131243.jpg


Lewesは小さくてこじんまりとしたかわいい町。ちょこちょことかわいいアンティークのお店&Lewes城というこれまた小さいお城があります。

Brightonは海沿いの比較的大きな街。ちょっとした高級避暑地みたいなことになってます。Brightonの海は砂浜ではなくって、Pebblyでしたよ。

おいしいものをたくさん食べて、仲良しのお友達にも会えて、ロンドン滞在もこれまたいいとこ取り。

楽しいSummer Vacationでした。
[PR]
by moondiva | 2008-08-10 20:33 | 遊ぶの大好き