「ほっ」と。キャンペーン

New York, NY 10017

moondiva.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Nike's Human Race 10K

走るの大嫌い、Central Parkでジョギング中、颯爽と走るリスにまで抜かされたという経験を持つ私。

そんな私がお友達に「8月末、一緒にNikeのHuman Race、走らない?」と誘われ、調子に乗って「あ、いいよ。」と言ってしまったのが数ヶ月前。

その後、自分のお調子者っぷりを恨み、何度後悔したことか!

「やります。」と言ってしまったからには、後には引けない。

お友達=会社の同僚だから雲隠れも無理。

っちゅうことで、(嫌々ながら)週、2~3回のトレーニングを行い、走ってきましたよ、Nike's Human Race 10K!

b0103106_2563444.jpg


ちなみにこの写真はレース後、お友達が持ってきた、使用期限が2006年の使い捨てカメラで撮影。
ビックリするくらい、ぼやけてます!


このレース、Runnersはみんな、真っ赤なお揃いTシャツを着用しなくてはならないらしく、レース前日にNike TownへTシャツ&その他諸々のRace Goodsをピックアップ。

当日、NYCのレース参加者、約10,000人。

それもみんな、同じTシャツだからちょっと異様な雰囲気。

いやね、実はトレーニングでも10Kは走ったことがなく、「ホントに私、走れるの?」ってすんごく不安だったのですが、いやー、レースが始まったら、止まる余裕なし!

だって、ところてん状態じゃないんだけど、自分が止まったら最後、後ろが支えちゃいそうなのですよ。

ということで、もう何かに押し出されるがごとく、走る、走る。

ふと、「これってまさに、(本で読んだ)スイミーみたいだなぁ」なんて思ったりして。

5Kってサインを見たとき、「まだ半分!?」と心がくじけそうになったのですが、そのとき、沿道にNYCではある程度有名(?)なNaked Cowboy発見。

b0103106_3223710.jpg


Naked Cowboyのおかげか、6K地点位でRunners High現象がKick in。

途中、何度かおなかが痛くなりつつも、何とか10K完走。

タイムはちょうど1時間だったのだけれど、これが速いのか、遅いのかは謎。

コースが一部、すごく狭くて、途中、歩かなくてはいけない箇所が何箇所があったので、それがなければ1時間切れたっぽい。


走っている最中は「もう、二度と走りたくない!」って思っていたのに、終わった途端、「また走ってもいいかな?」なんて思っている自分がいて摩訶不思議。

とにかく、走り終わった後、足の親指が痛いので、これが治るまではしばらく走るのはお休みして、今度はBicyclingでもはじめようかなと考え中。

あ、Gymも行かないと。
[PR]
by moondiva | 2008-08-31 00:00 | 徒然なること

犬が欲しい、犬が欲しい、犬が欲しい!

SFに住む大好きなお友達が最近犬を飼い始めて、彼女の犬の写真が送られてきた。

b0103106_3432555.jpg


めっちゃ可愛いぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ☆

ということで、私の中で、「わんこブーム」、戻ってきてしまいました。

以前、「わんこブーム」第一波がガンガンきていた際は、我が母に

「犬を飼う前に、落ち着きなさい。」

と一喝され、第二波の際は元ルームメートに

「ダメ!そんなことしたら婚期逃すよ!」

と一喝されまして。

そんなこんなで、しばらく波待ち状態だったのですが、ここにきて、またビックウェーブ、きちゃったよ。

どうする、私?

「私も犬欲しいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!」

と誰も見ていないのに、自分の部屋で子供が玩具を欲しがるようにのた打ち回っている私。

今ふと、自分で自分の姿を想像して、相当気持ち悪くなり…。

こんな私に誰か、喝を入れてやってください。

あー、犬欲しい。
[PR]
by moondiva | 2008-08-29 00:00 | 徒然なること

婚活?

数日前、衝動的に日本の雑誌が読みたくなり、5時きっかりにオフィスを飛び出して、旭屋書店で立ち読みしていたときのこと。

いい歳なんだから、立ち読みじゃなくて買えよ!って?

私が立ち読みした雑誌の至る所に「婚活」、「婚活」って、書いてある。

「婚活」って何?

日本では今、「婚活」が流行っているのかしら?

...っちゅうことでググってみた。

「婚活」は、「結婚活動」の略です。

結婚活動とは、就職活動のアナロジーとして作られた言葉です。今では、よりよい就職をするために、情報を集め、セミナーに通い、試験勉強をし、エントリーシートを書き、履歴書の写真をとり、面接用にスーツを整えるなど、さまざまな活動をします。就職のための予備校に行く学生も多くなってきました。学生たちは、これらの就職活動を、「就活」と称しています。

同じように、よりよい結婚を目指して、合コンや見合い、自分磨きなど、積極的に行動をする人が出てきています。それらの活動を結婚活動と呼ぶことにしました。就職活動は略して「就活」だから「結活」でしょうか、いや、結活は発音がしにくいから「婚活」にしたらと提案したのが、このことばの由来です。


うまいこと言うね!

ま、私は日本で就職活動をしたことがないので、あまり実態はよく分からないのですが、現在30歳前半の人達が就職活動をしていた頃って、「就職氷河期」とか言われていたはず。

ってことはさ、私と同年代で、日本で就職活動して、現在独身で、一生懸命「婚活」とやらに励んでいる人達は、ある意味、2回も「氷河期」経験しちゃってるってこと?

あ、「就職氷河期」と「結婚氷河期」ってことね。

そして、巷で聞いた話によると、当時、就活中はみんな、すごい数の会社を回っていたみたいなので、今回の「婚活」でも、すごい数の男(Or 女)にあたるべきってことなのかしら?

そういえば私の就職活動はJob Fairで決めてしまったので、約1日で終わってしまったのだけれど、新卒で就職した会社は、まさに勢い入社って感じで、事前に仕事内容なんて調べもしなかったなぁ...。

そしてみんな、就活中は自己分析とか、OB/OG訪問とかいうのもしていたとか言ってたような...。

ま、結婚を目指しているかは別として、「自己分析」の結果に応じた「自分磨き」は、可能な範囲で努力すべきだとは思うのだけれど、OB/OG訪問は「婚活」ではできないよねぇ。

それって、元彼、元彼女訪問だもんねぇ。


Anyway、30歳とか過ぎると、既にマーケットが狭くなっている可能性が高いわけで。

一方、経験もそれなりに積んでいるから要求水準も高くなるわけで。

...何か、すごく生存競争が激しそうな世界ですよねぇ?

草食動物は生きていけないみたいな。

って、いろいろ妄想は広がるのですが、日本のみんな、実際はどうなのよ?

やっぱ、最近の日本の30歳代の独身女性は、この「婚活」に刺激されて、狩猟民族化しているのかしら?

情報求む!
[PR]
by moondiva | 2008-08-21 00:00 | 徒然なること

My Favorite Cafe @ Midtown East

b0103106_921892.jpg今日は(誰にも頼まれていないが)私の最近お気に入りのCafe、Macchiatoをご紹介。

会社の同僚のCoffee Guruの子に教えてもらったんですが、ここのコーヒー、舌触りがとってもなめらかで、後味もいい!

ちなみに私、苦味が強いコーヒーはあまり好きじゃないのです。

あと、酸っぱい後味も苦手。

あ、誰も聞いてないね。


Midtown、Grand Central駅からすぐ近くにある、Macchiato、月曜日から金曜日までは7am - 6pm、土曜日は10am - 2pmまでオープンしているので、お近くに来た際は是非、お立ち寄りあれ!

あ、日曜日はお休みだよー。

Pastries、Sandwiches、Saladsもおいしいよ。

Macchiato
141 E 44th St
New York, NY 10017
(212) 867-6772
[PR]
by moondiva | 2008-08-20 00:00 | 食べるの大好き

The Dark Knight

私の周り、ありとあらゆるところから

「Batmanの最新作はMust See!」

という声が聞こえてきまして。

これといってBatmanファンではない私ですが、「そこまで皆さんがいうのならば見なければ!」っていうことで、見てきました、The Dark Knight。

「この映画、長いよ。」

という話も聞いていたので、Pilates of the Caribbeanの時(=最後、トイレに行きたすぎて、話に集中できず。)の教訓を活かし、開始直前にちゃんとトイレに駆け込んで、今回は下準備は完璧。


b0103106_23133327.jpg


…疲れた。

いや、映画自体は面白かったんですよ。

Batman/Bruce Wayne役のChristian Bale、Harvey Dent役のAaron Eckhartを始め、出演者は総じて熱演してたと思うのですよ。

あ、Maggie Gyllenhaalは確かに演技はうまいんだけど、Rachel役、ビジュアル的にどうなのさって思ったのは、私だけ?

もちろんThe Joker役のHeath Ledgerも前評判通り、背筋がゾゾゾッとする位、猟奇的な演技してたし。

ただね、何ていうか、ずっと集中して見ていたからか、何なのかよく分からないのですが、終わったときの私の感想は「やたら疲れた」だったのですよ。

ちなみに一緒に映画を観に行った会社の同僚の感想は「そりゃ、Heath Ledger、Drug Overdoseしちゃうわな…」でした。

いやー、でもやっぱり、Heath Ledgerが光ってましたね、この映画。

前評判が高かったのも、納得。

でも次はコメディータッチの映画を観に行こうっと。
[PR]
by moondiva | 2008-08-15 00:00 | 徒然なること

国連見学。

実は私、国連の目と鼻の先って言っていいくらい、めちゃめちゃ近くに住んでいるのですが、今の今まで、国連の内部には入ったことがありませんで。

そのことを、国連勤務のKとお昼を食べていたときにちらっと言ったところ、

「あ、じゃあ、いつでも俺がツアーしてあげるよ。」

との優しい言葉。

ってことで、お言葉に甘えて、国連内部に侵入してきたよ。

いつもお外をジョギングしながら眺める国連の外観(↓)
b0103106_22325066.jpg


おなじく国連の外観(↓)
b0103106_223335.jpg


Visitor受付エリアにある像。(↓)
b0103106_2233169.jpg


国連常任理事国の会議場(↓)
b0103106_22332832.jpg


安全保障理事会の会議場(↓)
b0103106_22334281.jpg


その他、国連内のBar、レストランなどなどにも侵入。

国連内のレストランでお昼を食べたのだけれど、味のほうは…ノーコメント。

あ、値段はそこそこ安かったし、税金なしよ。
[PR]
by moondiva | 2008-08-14 14:45 | 徒然なること

I Heart Neal's Yard Remedies

b0103106_7334393.gif

突然ですが、私、人一倍鼻が敏感なようでして。

ちょっとでも嗅ぎなれない匂いや、私的に嫌な匂いがすると、人一倍敏感にキャッチしてしまうし、デパートの香水売り場に長時間いると頭痛がして大変という、これまたやっかいな体質。

過去、ミーティング中、誰かがつけている香水で頭痛&吐き気がして、退席したこと、何度かあり…。

ホント、失礼極まりない私。


意外にも案外デリケートな嗅覚の持ち主の私なのですが、Aromatherapyは大好きでして。

気分や体調に応じて、魔女のごとく、毎日のようにアロマオイルのポットを炊いて、のろしをあげております。

数あるアロマオイルの中、日本にいたときに私が愛用していたのはNeal's Yard Remediesというブランドのオイル。

日本では至るところで購入できるNeal's Yard商品。

しかし、アメリカではなかなかNeal's Yardの商品を見つけることができないので、最近ではWhole Foodsで見かけるOrganicのブランドのオイルを使っていました。

そんな中、思い出しましたよ!

Neal's YardはUKブランド!!

っていうことで、もちろん行ってきました、Neal's Yard Store in London!

b0103106_7401593.jpg


大興奮でアロマオイル、携帯用フレグランスオイル、リップスティックなどなど、買い漁ってしまいましたよ。

よくよくNeal's Yardのサイトを見たら、オンライン購入はできるらしい。

でも、私は買う前にちゃんと匂いを確かめてから買いたい派だから、難しいなぁ…。


本日もこれから、お部屋でのろしをあげちゃおうかなと。
[PR]
by moondiva | 2008-08-11 00:00 | 徒然なること

食いだおれ in London。

イスタンブールからニューヨークへの帰り道、ロンドンにも5日間、滞在。

今回は十年来のお友達で、ロンドンでLife Style/Food Photographerとして活躍する由紀が街案内をしてくれたというのもあり、「"イギリスの食事はおいしくない"って言っているのは、どこの誰よ?!」っていうくらい、スーパー食いだおれの旅となりました。

今回訪れたレストラン in Londonで印象に残っているのはこちらの2つ。

Anchor & Hope

Waterloo駅の近くにある、Gastropubと言われる普通のPub Foodより質の高い食事を出してくれるPubとレストランが併設しているお店。

ちなみにGastopub、アメリカでは聞いたことがないので、多分イギリス用語なのかと。

PubはWalk-inで入れるのですが、レストランは予約を取らないので、数時間待ちは覚悟しなくてはいけない最近人気のお店とのこと。

ここで食べたステーキがめっちゃ、おいしかった!

ま、値段もそこそこ(っていうか結構)するのですが、機会があれば是非!

New Tayyab

East Londonにあるパキスタン料理のお店。

こちらもかなり行列ができていたのですが、お客さんの回転はかなり早い印象。ということで、いつ行っても、数時間待つということはないかと。

BYOB(=お酒持ち込みOK。アルコールのメニューがお店にない。)のお店です。

ここで食べたLamb Chop&ヨーグルトドリンク、ラッシーがおいしかった!

この他も食に関してだと、ケンジントンパレスの敷地内にあるオランジェリーでアフタヌーンティーを堪能したり、Laduréeに行っておいしいマカロンを食べたり、Borough Marketというヨーロッパ最大のFood Marketでいろいろ味見をしまくったり、お家でおいしい食事を作ったり。

あ、Borough Marketで味見したRoastってお店のPork、おいしかったなぁ…。

Tate Museum、テムズ河沿い散歩、Oxford Circle、Piccadilly Circus、Camden散策などなど、The London 観光的なことももちろん行ったのですが、カメラを忘れたので写真なし…。

そうそう、ロンドンから車で南の方向、1時間ちょっとのところにある、Lewes & Brightonという街への小旅行にも行きました。

b0103106_21131243.jpg


Lewesは小さくてこじんまりとしたかわいい町。ちょこちょことかわいいアンティークのお店&Lewes城というこれまた小さいお城があります。

Brightonは海沿いの比較的大きな街。ちょっとした高級避暑地みたいなことになってます。Brightonの海は砂浜ではなくって、Pebblyでしたよ。

おいしいものをたくさん食べて、仲良しのお友達にも会えて、ロンドン滞在もこれまたいいとこ取り。

楽しいSummer Vacationでした。
[PR]
by moondiva | 2008-08-10 20:33 | 遊ぶの大好き

飛んでイスタンブール♪

とうとう実現しちゃいましたよ、飛んでイスタンブール。

b0103106_6501877.jpg
b0103106_6503687.jpg


今回の旅、4泊5日、メインイベントは3日目に開催されるiloveapplesちゃんの結婚式に参加すること。

イスタンブールに到着するや否や、いきなりCheck-inしたスーツケースが届いてないという、かなり痺れる感じでスタート。

日中はわんぱくに、汗だくになって街中歩き回り、そして夜はアライグマ顔負けの勢いで、ゴシゴシ着ぐるみ全て、手洗いして凌ぐこと、丸2日。

空港で1時間半、行方探しに粘るも、英語があまり通じず、進展なし。

そして、毎日ストーカーのように、Lost Baggageのオフィスへ電話をするも、誰も出ず。

結局、結婚式当日の朝方、行方不明になっていたスーツケースがぎりぎりのタイミングでホテルに到着。

危うく、現地で調達したトルコ衣装で式に出て、ある意味、主役になるところだった…。


空港からホテルまでのタクシーでは、タクシーにも関わらず、道に迷いまくるという、これまたしびれる展開に。

でもよくよく聞くと、イスタンブールでタクシーの運転手が道行く人に行き先を聞きまくるっていうのはよくあるらしいですよ。

いやー、英語がほとんど通じないから何が起こっているのかなかなか把握できないし、焦った、焦った。

でも何とか、無事到着。


結婚式までの2日間、トプカプ宮殿、ブルー・モスク、グラン・バザール、スパイスマーケットなどなど、お決まりの観光スポットは、滞在したホテルから徒歩圏内だったというのもあり、ところどころ路面電車を活用しつつ、途中、茹でとうもろこしを食べ歩きしたり、絞りたてのオレンジジュースを飲んだりして、のんびり、てくてく、気ままにお散歩気分で周りました。

お散歩中立ち寄った、海沿いのカフェからの景色がとっても綺麗で、知らず知らずのうちにため息。

海の力って、すごい。

夜は毎日、イスタンブールで人気ナンバーワンというクラブ、地元で評判のレストランなど、いろいろ連れて行ってもらい、イスタンブール、良いところどりで満喫。

そして3日目。

結婚式の会場は今年の6月にオープンした新市街にあるFour Seasons Bosphorus。

建物はOttoman時代の宮殿を改築したものらしく、かなりゴージャス。
会場からの眺めも、めっちゃロマンチック。

箱が大きくて、ゲストコントロールが複雑そうな会場にもかかわらず、招待した人たちを退屈させないようにいろいろ趣向を凝らしたHospitality溢れる式でした。

Brideは美しかったし、お料理もおいしかったし、スピーチは感動したし(→特に、旦那さんのスピーチで、私は号泣。)、朝方まで飲んで踊って、とても楽しい時間を過ごしました。

結婚式の翌日、何故か、トルコ人のお友達が多い私は、イスタンブールにもお友達がおりまして、彼に1日、イスタンブール観光ガイドをお願いすることに。

ボスフォラス海峡の水上タクシーに乗ったり、地元の人しか行かないようなカフェ、ショッピングモールに連れて行ってもらったり、The Turkish Foodが食べられる景色のいいレストランに連れて行ってもらったり。

イスタンブールの生活を垣間見たような気がしたようなしないような。

そうそう今回、iloveapplesちゃんの計らいで、同じく結婚式に出席する女子2人と同じホテルの部屋に滞在させてもらうことになりまして。

いやー、この2人と、自分でもビックリするくらい、相性が合って、毎晩毎晩、途中腹筋が攣るくらい笑いすぎて、いつの間に眠りに落ちたのか覚えていないほど、もうホテルの部屋は修学旅行状態。

この出会いをもたらしてくれたこの旅(&iloveapplesちゃん)に心から感謝、感謝です。

イスタンブール最終日は、フライト直前にトルコ風呂に行って、オイル・マッサージを堪能。

素晴らしい出会い、かけがえのない経験をもたらしてくれたイスタンブールでした。
[PR]
by moondiva | 2008-08-09 00:00 | 遊ぶの大好き