「ほっ」と。キャンペーン

New York, NY 10017

moondiva.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Milk

b0103106_3355428.jpg


こちらアメリカでは年末に公開されたMilkという映画。

「なぜMilk?」と最初は思っていたのですが、(苗字が)Milkという人のお話なのです。

Sean Penn主演、私のお友達大絶賛、2009年アカデミー賞、8部門ノミネート。

「これはMust Watchでしょう!」ということで観に行ってきましたよ。

Based on the true story、70年代に活躍した、同性愛者であることを公表してアメリカで初の公職(?)に就いたHarvey Milkの半生を描いたお話。

いやぁ奥さん、前評判通り、良かったよ、この映画。

何かと「表現の自由!」と高らかに叫んでいるアメリカでも、同性愛者であることが法で罰せられちゃってた時代のお話。

自分のIdentityが世の中に受け入れられない現実と真っ向から向き合いつつ、自分らしく生きていくことができる世の中を目指して突き進んでいく、Harvey & 彼のサポーター達の姿にかなり感動。

号泣!って程ではないけれど、エンディングでは気が付けばポロポロ涙がこぼれてまいりました。

あと何てったって、Sean Pennの演技がすごい!

エンドロールで実際のHarvey Milkの写真が出てきたのだけれど、雰囲気がそっくりすぎてビックリしました。

カメレオン俳優(←こんな言葉あんの?)というか、演じる役によって、全然違う人に見えるというか、演じてるんじゃなくて、もともとこういう人格?って思われるというか。

日本でも多分、近々公開するのではないかと。

しみじみと自分のあり方を考えさせられるIndependent系Film、かなりお勧めです。
[PR]
by moondiva | 2009-01-29 00:00 | 徒然なること

He's just not that into you

b0103106_1143543.jpg日本でもおなじみのSex and the Cityの脚本家、Greg BehrendtとLiz Tuccilloという人が書いた『He's jut not that into you』という名の本。

本自体は2005年のベストセラーなのだけれど、今年映画化される&ルームメートがこの本を持っていたということで、突然むくむくっと興味が沸きまして、今さらながら、読んでみることに。

こちらの本、さまざまな独身女性の恋愛相談に男性であるGregが、ズバリ何の思慮遠慮なく、侍の如く、バッサバッサと答え、それをフォローするかのように、各Chapterで女性のLizがコメントを出すという形式。

いやね、これが結構はまる。

いかに女性(だけなのかなぁ?)が「こうであって欲しい!」という自分の「要望」というレンズを通して物事を見ることにより、スーパー単純明快事実を、こりゃ摩訶不思議、迷宮のように複雑化して考えてしまうかが、面白おかしく書かれておりまして。

「いやぁ、世の中の男がみんなGregみたいな意見ではないでしょう!」

という声もちらほら聞かれますが、私なりに過去の出来事を思い出してみますと、いろいろ思い当たる部分も無きにしも非ず。。。

恋愛というのは人それぞれですが、まぁ、悩んでいる内容っていうのはある程度、レベルはあるものの、似ているのかなぁと思ったりして。

He's just not that into you

日本語で言うと『彼は別に、そこまであなたにはまってないんでない?』みたいな意味でしょうか?

とにかく、機会があれば、こちらの本、読んでみるのもいいかと。

ちなみにあっ!という間に読み終わっちゃいますYO。
[PR]
by moondiva | 2009-01-27 00:00 | 徒然なること

Butai @ Gramercy

b0103106_812891.jpg


iloveapple嬢、NY来襲ということで、私たちの共通のお友達のitsanyclifeはじめ、この寒空の中、総勢7人がGramercyにあるButaiへ集合。

年末年始、私自身が日本に戻っていたこと&NYへ戻ってきてからしばらくお仕事がパタパタしていたこともあり、今日集まったメンバーとは、久々の再会。

私は今週末に限ってお仕事が立て込んでしまって、(企画者というのに)大遅刻してしまうという大粗相。
みんな、ホントにごめんなさい!

みんなに会うまでは、正直、ちょっとお仕事の方が「今夜が山だぁ~」状態だったので、「お食事中、仕事のことが頭から離れないかもしれないなぁ。。。」なんて少し思っていたのですが、実際はみんなと話していると、楽しすぎて、食事中はすっかりお仕事のことは忘れておりました★


久々の再会ということで、みんなそれぞれの近況をアップデート。
衝撃のニュース(>Rossi-NY, hint, hint! Congrats!!)もあり、あっという間の3時間でした。

Butaiは週末の夜だというのに、比較的(っていうか大分?)空いておりまして。
お食事は結構おいしかった(特にみんな、ざるそばがおいしいと言っていました。)し、値段もそこまで高くなかったので、結構大人数のグループでご飯を食べるのにいいかも。

楽しい時間の後、極寒の外へ出たところで、Going Back to Reality。みんなが二次会へ流れたのを横目で見つつ、その後お仕事が待っていたY君&私は逃げるようにTaxiへ。。。

やっぱり仲良しのお友達に会って話すとリフレッシュできるなぁと改めて思った一日でした。

Butai
115 E 18th St
New York, NY 10003
(212) 387-8885
www.butai.us
[PR]
by moondiva | 2009-01-24 08:00 | 食べるの大好き

冬眠。

「いやぁ、寒いねぇ」

って言うのがもういい加減、言い飽きた位、今週は寒かった。

っていうか今も寒い。

「今日はSingle Digitsだって!」

と毎日のように言っていた同僚がいたのですが、アメリカ人の頭の中では大抵、気温=華氏なんだけど、私の頭の中は気温=摂氏なので、そのSingle Digitsが一体どんだけ寒いのかはすぐにピンとこない。

ということで、ちょいとネットでチェックしてみた。

-15℃。

…そりゃ寒いわけだわぁ。

最近、Minneapolis Officeの人とお仕事をしているのですが、彼らに

「ニューヨーク、寒みぃ。」

ってなことをいうと、

「こっちもよ。今日は-40°Fだって。」

…-40°Fって何?

バナナで釘が打てる世界は確か、マイナス30℃って言ってましたよね?

…じゃあ、ニューヨークはまだいいか。

…ってそういう話でもない!

寒いもんは寒い。

ということで、専ら家で冬眠の日々を過ごしている私なのですが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

こちらニューヨークでは、記録的な寒波に襲われたり、Hudson河に飛行機が不時着、怪我人なしという奇跡のような出来事が起こったり、もうそろそろOmabaのInauguration Dayが近づいているっちゅうことで、この寒い中も人々は俄かに盛り上がっていたりなどなど、しております。

今週末は月曜日がMartin Luther King Dayという祝日なので、こちらアメリカは3連休。

もちろん私は、極力、家に篭り、ぬくぬく暖かく過ごすことをモットーに、この休日を過ごしております。

しかし一方で、この3連休、ずっと1人は寂しい。

そんな時、出張していた(ただ単にお友達に貸していた)私の土鍋が先日、無事帰還を遂げたことを思い出しまして。

・・・お友達に(押し付けがましく)「家で鍋やるから来ない?」と誘導、作戦は見事成功し、昨晩は我が家で鍋パーティーを開催しました。

やっぱり寒い日の鍋はいい。

これでこたつがあれば最高★

今日も、雪がめちゃめちゃ降っておりまして、街は見事に真っ白。

ということで、外出は最低限に、今日も家でDVDを観て過ごすことにしようっと。

嗚呼、この寒さはいつまで続くのか。。。I miss Tokyo!
[PR]
by moondiva | 2009-01-16 00:00 | 徒然なること

お弁当の献立。

えー、先日、私の今年の目標の1つは「料理の腕前を上げること」というのを無理矢理お伝えしましたが、その一環として、現在、「お昼はお弁当を作って持っていく運動」を実施中の私。

前の晩に次の日のお弁当の具材を仕込んでおき、朝行く前にちょちょっとお弁当箱(ちゅーか私の場合は男前なジップロックのタッパー)につめるのですが、これって、今のところ、私は時差ぼけで、朝早くからお目目ぱっちりだからできるものの、朝が弱い私、今後はいつまで続けられるのか、今から怪しげな雲行き。

それよりも何よりも、一番面倒なのが、献立を考えること。

お弁当(っていうか料理一般...。)なんぞめったに作らないので、そもそもレパートリーがない。

ということで、必然的に似たようなメニューのオンパレードに。

ますます先行き不安...。

っていうか、世の中のお母さん達は、一体どうやって毎日子供のお弁当のメニューを決めてるのかね?

家に残っている食材とか、栄養のバランスとか、いろんなものを考慮しているのだろうけど、凄すぎるYO!

っていうか、ネットとかで"お手軽献立サイト☆"とかないのかね?

そのサイトで、期間(例えばこの先1ヶ月とか。)、食べたい食材、苦手な食材、栄養的に気を付けたいこと、平均摂取カロリー、1食当たりの大よその費用などなど、諸々インプットすると、学校の給食表みたいな献立一覧&そのレシピ+カロリーなんかがババーン!と表示されたりするような。

そんでもって、指定期間の献立に必要な食材が載った、いわば買い物リストのようなものがジャジャーンと表示されたり、事前に自分の住んでいる場所とかをインプットしておくことで、その食材を買うのならば、家の近くのどのスーパーが一番安いかとか比較してくれたり、お店に行かなくてもオンラインで必要なものをオーダーできちゃったり、近所のお店で使えるクーポンがプリントアウトできたり、必要に応じて携帯に転送できたりとか。

...そういうサイトって、ないの?

なかったら、自分でどこかと提携して細々とサイドビジネス始めようかねぇ...?

ま、空想はこれくらいにして、「明日のお弁当は何にしよう?」と頭の片隅で考えながら、ミーティングに行ってこよーっと...。

何かお勧めメニューがあれば教えてくださーい♪
[PR]
by moondiva | 2009-01-13 00:00 | 食べるの大好き

Deborah - Life Love Food @West Village

b0103106_3384488.jpg


今年NYに戻ってきてからの初めての週末。

ということで、仲良しGirls、A & Aと3人でBrunchしてきました!

今回のBrunch SpotはWest VillageのDeborah。

Deborahは今回初めてのレストランなのですが、Yelp!&New York TimesのReviewで評判が高かったので試してみることに。

American Traditional Cuisineということなのですが、私たちはサラダ、オムレツなど、定番のBrunch Menuを選びまして。

これがかなりおいしかった!

使っている素材&味付けは基本シンプルなのだけれど、ところどころ、「お、ここでこれ使っちゃう?」みたいな意表をつかれる感じ。

ってどんな感じだよ…? うまく言葉にできない…。

週末、West VillageのBrunchをしようと思うと、有名どころはほとんど予約は受け付けてくれないですが、ここは事前に予約可能なのも嬉しい!

久々に再会したお友達ともたくさんお話できたし、楽しい時間を過ごせました。

値段もかなりReasonableだし、機会があれば是非一度、お試しあれ!

Deborah - Life Love Food
43 Carmine St. (nr. Bleecker St.)
New York, NY 1004
212-242-2606
[PR]
by moondiva | 2009-01-11 00:00 | 食べるの大好き

Paul & Joe Beaute

b0103106_1333341.jpgNYに舞い戻って早々、この寒さ&乾燥っぷりに、そりゃもう、ビックリしておりまして。

シャワーを浴びた後、全身カピッカピ。

顔なんて特に、干上がった湖の底みたいに、変な線、浮き上がっちゃってる感じ。

今使ってる化粧品メンバーは残り僅か&この乾燥にはすでに戦意喪失もしくは戦線離脱気味。

「こりゃいかん!」

ということで、新たなメンバーを探し求め、ネットの口コミサイトをチェック。

えー、誰も知りたくないとは思いますが、私、日本に住んでいるときに、ALBIONのスキンケア製品Loveでして。

でもこっちじゃALBION製品を見たことない。

しかし。

今回のリサーチの結果、Paul & JoeのスキンケアはALBION製品をいうことが判明しまして。

NYだと、Bergdoft Goodmanというデパートの化粧品売り場にPaul & Joeのお店があるらしい。

しばらく(約30秒ほど)考えた結果、「こりゃ、試してみる価値あるんでない?!」と思いまして。

(雪が舞い散るこの寒い中)、Bergdorf Goodmanに行ってきましたYO。

いやね、Paul & Joe Beauteの製品、まずパッケージが淡いピンク&白がベースになっているめちゃめちゃLovelyなデザイン!

これが部屋に並べてあるだけで、女子力がアップしたような錯覚!

そして、値段が多分、日本より安い。

ということで、今回、Toner&Moisturizerをお買い上げ。

早速、今晩、新メンバーに出陣していただきましたが、香りもなかなかいいし、肌がピリピリすることもないし、乾燥を防ぐのはもちろんのこと、ちょっと肌がモチッとした気がするようなしないような…。

いずれにせよ、とりあえずしばらくはPaul & Joeさんにお世話になってみようかと。

そういやそろそろ、今働いてくれている日焼け止め(化粧下地)も役目を終える。

これもPaul & Joeにすべきか?

…もし何か、お勧めの化粧品があれば、是非ご一報ください!
[PR]
by moondiva | 2009-01-10 00:00 | 徒然なること

ステキ女子への道 料理編

2009年、あけましたー。

えー、年初めですが、まず私の今年の目標の1つは「料理の腕前を上げること」というのを取り急ぎお伝えしなければ、と思います。

っていうか、現時点で全く腕前がないのだが。

何でも最初が肝心!

ということで、「東京でJちゃんの作ってくれたゆで鶏の麺がおいしかったからまた食べたいなぁ...」と思いまして、早速Jちゃんより、レシピを入手。

材料&レシピはこちら。

□ 材料(4人分) (下記の分量で、ゆで汁が約1.2リットルできますです。)
* 水・・・2リットル
* 酒・・・大さじ2
* 鶏もも肉・・・500g目安
* ネギ(葉の部分)・・・1本分
* ショウガ・・・1片
* 塩・・・小さじ2
* コショウ・・・少々
※鶏もも肉は、骨なし1枚と骨付き1本で約500~600g。骨付き肉がない場合は骨なしのみか、または 手羽元や手羽先などでも代用可。

□ 作り方
① 鍋で水を沸騰させ、鶏もも肉、酒、ネギ、ショウガを入れ、強火で煮る。
② 再び沸騰してきたら、一度アクを取り、中火にしてそのまま20分ゆでる。このときフタはしない。
③ 20分経ったら、もう一度アクを取り、塩・コショウを加えて火を止める。そのまま1時間冷ませば完成!
※保存する場合は、ネギ、ショウガの皮を取り除く。
※保存期間:冷蔵庫で2~3日、冷凍庫で2週間。

(参照:TBS「はなまるマーケット」)

...レシピを見る限り、簡単そう。

ということで、まず買い物に行ってみた。

...ネギがない。

ネギは日系(もしくはアジア系?)のスーパーマーケットに行かなければ入手が難しい。

日系のスーパーまで、徒歩10分。

しかし外は相当寒い。

どうする、俺??

考えること約30秒。

「...Leekとネギって見た目似てね??」

ということで、Leekで手を打つことにした。

寒いの嫌い!

「よし、材料はそろった!」

ということで、作り方に沿って、ゆで鶏、作ってみた。

麺は卵麺が良かったのだけれど、手近になかったので、家にあった素麺で代用。

そして試食。

Jちゃんの家で食べたのはめちゃめちゃ美味だったのに、私のはおいしくない...。

作り方に沿って作ったし、どこも間違えていないと思うのだが。

うぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅん...。

やっぱりLeekでは役不足だったのか?

それとも私の腕の問題か?

もしくは両方か?

しかも、張り切ってたっぷり作ってしまったので、今週末はこれを食べなければならないのが切ない...。

嗚呼!

私の修行は始まったばかり...。

ホームパーティーで手料理を振舞えるように頑張るぞぅ...。
(↑ すでにめげそうな自分に喝!)
[PR]
by moondiva | 2009-01-09 00:00 | 食べるの大好き

Happy New Year!

明けましておめでとうございます☆

って遅いよね。。。

昨日、3週間強、滞在したRobot Kingdom、東京よりNYへ舞い戻ってまいりました。

東京にいる間、いろいろパタパタしてしまって、事前に約束していたお友達とのお昼、お夕飯をドタキャンしなければならない事態も何度か発生し、たくさんのお友達にご迷惑をおかけしました。

ホントに申し訳ないです。ごめんなさい!


そしてここからはランダムに今回の滞在で印象に残った出来事についてつらつら語ります。

まずお食事。

やっぱり、お江戸の食事は最高!

特に記憶に残っているお食事は。。。

□ 蟻月@恵比寿(モツ鍋)
□ さくらさくら@白金(京うどん)
□ 王十里@銀座(ホルモン焼き)
□ 和食屋さん(←名前忘れた。。。)@青山一丁目(東京オフィスのGirlsとお正月明けに行ったお店)
□ お母さんの手作りご飯

1つ1つ、お食事の感想を書きたいところですが、書いていると永遠に終わらず、ブログアップを挫折してしまう気もするので、今回はここまで。。。

そしてそして。

今回はWorking Visaの更新という名目で長期滞在できたのですが、いやぁ、US EmbassyのSystemのへなちょこっぷり、受付の書類確認する姉ちゃんのアホさ加減に、もう本当に、Visa入りのパスポートが家に届くまで、イライラ&はらはらさせられっぱなし。

東京で更新しなきゃいけない人は、US Embassyサイトのオンライン予約システムに要注意だよ!

あと、電話(一回かけるだけで2000円ちょっと要求する横暴さ!)で日本語で会話希望すると、日本語も英語もあまりできない人とか出てきちゃうよ!会話できないよ!


久しぶりに、My BuddyのYちゃんと1拍2日で伊豆熱川まで温泉にも行きました。

実は、相当前に元彼と一緒に来た温泉も伊豆熱川だったことを、駅に着いた時点で思い出しまして。

いやぁ、自分の痴呆っぷりに改めてビックリ。

同じ宿じゃなくてちょっとホッ。。。


貸切風呂、おいしい食事、大好きなお友達という「これ以上に何を求める??」ってな最強グッズ(?)の揃い組みということで、文句なしの充実した時間を過ごしました。

あとはお友達との再会。

高校時代に出会ったお友達、社会人になって出会ったお友達、NYで出会ったお友達。

みんなに会うたびに、「私が一番誇れるのは、素晴らしいお友達に巡り会って、幸運にも仲良しでいてもらっていること」だなと実感。

もちろん家族との再会もあり。

家族に会うとやっぱりホッとします。

今回は特に久々に会った甥っ子(2歳)の成長っぷりにビックリ&感激。

子供マーケットにおけるアンパンマンの威力に圧倒されたり、自分より大きな男の子・男の人を見る(TVも含む。)と「しぇんぱい(※先輩)」(←武田鉄矢が出ているどんべいのCMが影響しているらしいのですが。。。)と指を指して、嬉しそうに言う甥っ子の将来を案じたり。。。

あとは今年が本厄ということで、門前仲町の弁天様まで厄払いお札をもらいに行きました。

そのお札は今、自分のお部屋の南向きの場所に立てかけております。


いずれにせよ、あっという間に2009年がスタート。

私自身、NY生活は4年目に突入。

「いつまでNYいんの?」という疑問に、自分自身でも、未だ答えが出ていないのですが、今年は謙虚な心で、健康第一、運動も適度に行い、お仕事も一生懸命、前向きに取り組み、料理と金銭管理の能力が身に付くよう精進する年にしていきたいと思います。

と、こんなふつつかな私ですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by moondiva | 2009-01-08 00:00 | 徒然なること