「ほっ」と。キャンペーン

New York, NY 10017

moondiva.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

恐怖。

「いやぁ、夏も終わりだなぁ~」

なんてボンヤリと、切なくなりつつ、のほほ~んと出勤した8月31日(月)の朝。

知らぬ間に、私のPCがまことに遺憾ながら息絶えておりまして。

いやね、何故か、私の机の半分、泥水ぶちまけられたのが乾いたような状態になっておりまして。

PCはズブ濡れで、どのボタンを押しても、うんともすんとも言いやしない。

おーい!と呼んでみても、返事ひとつしない。

別に私の机の上にコーヒーとか、水とか置いてあったわけではないから、何かがこぼれたっちゅう可能性は0に等しい。

「こりゃ天井から水漏れか?」

と思い、Office Managerを呼んで、天井のパイプをチェックしてもらったものの、

「いや、水漏れはなさそうだけど…。」

とのこと。

鳥肌、キタ━━━━━━ヽ(゜Д゜)ノ━━━━━━ !

同僚に聞き込んでも、

「いや、何もしらないけどなぁ…。」(←そりゃ、そうだわな。)

「え、気持ち悪っ!何でそんなことが起こったの?」(←同感だし、私も知りたい。)

「ホントは自分で何かこぼしたんじゃないの??」(←正直、その方がまだいい。)

ちょっと待て。

ってことはさ、一番可能性が高いのは、誰かが週末に私のオフィスに入って、泥水をぶちまけていったってこと?

私のオフィス、鍵はかけてなかったけど、週末、ドアは閉まってたはず…。

それだったらさ、私、その人にすんげー呪われてる…よね?

夏の終わりに、すげーそんな怖い話、いらないんだけど…。

とにかく、早く、PCが復活してくれることを願いつつ。

…こえー。
[PR]
by moondiva | 2009-08-31 23:00 | お仕事の話

ステキ女子への道 料理編

b0103106_1133544.jpgそういえば大分前に

「料理、頑張るぞー!」

とか言って、俄か張り切っていたような、張り切ってなかったようなことをふっと思い出しまして。

(まったく使っていないため)ピカピカのキッチンを横目に

「何か作ってみっかぁ…。」

ということで、Jamie Oliverのサイトをチェック。

そこで「あ、これおいしそう!」と思ったアスパラガスのパスタを作ってみることに。

1人で食べるのも寂しいなぁ…。

ということで、生贄としてお友達3人を家に招待。

Jamie Oliverのサイトにもレシピが載っているのだけれど、一応ご紹介。

Jamie’s italian’s asparagus fettuccine

■ 材料(4人分)
• エクストラ・バージン オリーブオイル
• 小さめのたまねぎ1個
• セロリ1房
• ズッキーニ1個
• リーク1本の白い部分
• アスパラガス16本
• バジル (A small handful of basil leavesって書いてあるから適当な感じ)
• 野菜ストック(スープ)300ml
• にんにく1かけ
• フェタチーニ(パスタ)400g
• パルメザンチーズ50g

■ 作り方
1) たまねぎ、セロリ、ズッキーニ、リーク、アスパラの茎の部分を細かくみじん切りにする
2) オリーブオイル テーブルスプーン4杯分をお鍋にいれ、みじん切りにしたたまねぎ&セロリを弱火でやわらかくなるまで炒める
3) 2)にズッキーニ、リーク、アスパラの茎のみじん切りを加え、2~3分炒める
4) 3)にバジルを追加 (←全部入れずに、飾り&香り用にあとで加える分を多少残しておく)
5) 4)がしなっとなったら、野菜ストックを加え、野菜が全て柔らかくなるまでコトコト火にかける
6) 野菜が柔らかくなったら、お鍋を火からおろし、ブレンダーもしくはフードプロセッサーで、クリーミーになるまでブレンドする
7) フライパンを弱火にかけ、ちょびっとのオイルでにんにくがやわらかくなるまで炒め、その後、6)を入れて2分ほど煮る
8) お鍋にお湯を沸騰させて、お塩を入れ、フェタチーニを茹でる
9) フェタチーニが茹で上がる3分前くらいに、アスパラの先っぽの房を加える
10) フェタチーニがアルデンテになったところで、7)のソースにフェタチーニを加える
11) 残っているバジル、好きな量のパルメザンチーズを加えてできあがり

うちにブレンダーがあったのが奇跡に近かったのですが、意味もなく、キッチンを戦場のごとく散らかしつつ、なんとか完成。

このフェタチーニの他、

・ パプリカのマリネ(←ただ単に、オーブンに真っ黒焦げになるまでパプリカを突っ込んで、表面の皮をむいて、お塩・コショウで味付けして、オリーブオイルをかけただけ)
・ ブロッコリのサラダ(←これもブロッコリを茹でたものに、にんにくのすりおろし、オリーブオイル、お塩・コショウ、パルメザンチーズ、白ワインビネガーを混ぜたものをあえただけ)
・ トマトとバジルのサラダ
・ 一口ハンバーグ(←お母さんの作り方のまねっこ。ひき肉にたまねぎを炒めて冷ましたもの、たまご、パン粉、お塩・こしょうを加えてこねて焼く。お母さんは他にもナツメグ(?)か何かを入れていた記憶があるけれど、私の家にそんなものはないので今回はなし。お母さんはたまに、マッシュルームとか、セロリとかも入れていたような…。)

…を満身創痍で準備。

すげーこれ、一日仕事。

何も知らずにのこのこやってきたお友達も

「うわー、ちゃんと食べられるよー!おいしい、おいしい!」

と、何と解釈していいか微妙な、一応ポジティブなコメント、いただきました。

褒められると伸びるタイプなので、また頑張ろうって気になりました。

お勧めの初心者用レシピがあったら教えてください。
[PR]
by moondiva | 2009-08-31 12:19 | 食べるの大好き

Bermuda = The Beauty of Triple Bs (Beaches, Boozes & BFF)!

夏だ!Beachだ!

ということで、週末を利用してBermudaに行ってきました。

b0103106_10415126.jpg


NYCからBermudaまでは直行の飛行機で2時間弱と、下手にアメリカ国内を旅行するより全然近い。

私たちはギリギリに旅行をプランしたので、直行便は既にSold Out。

ちゅうことで、DC経由でBermuda入りだったのですが。


Bermuda Triangleっていうくらいだから、飛行機相当揺れるんじゃない?!

…と不安たっぷりでしたが、行きも帰りも、快適なFlightsで一安心。

朝4時起きで出発したのにも関わらず、ホテルに着くや否や、活動開始。

まず目に付いたのは、膝丈のズボン&膝丈の靴下をはいている男の人が多いこと。

ちなみにこの格好はBermuda shortsというらしく、一応正装だそう。

Bermudaは人口約7万人のとても小さな国。

移動は車もしくはスクーターということで、私たちは3日間バス&フェリー乗り放題チケット($28…だったと思うのだけれど…。)を購入。

ちなみにBermudaではUS $がそのまま使えます。

US $1=Bermuda $1。

物価もNYC並み。

税金はないけれど、レストランではサービスチャージ、15%~17%が自動的に含まれてきます。


ということで、国中(っていうか町中という感じだったけど)をバスで移動。

バスは15分~30分に一本、夜11時くらいまで走っています。

ただし、日曜日は夕方6時位に西からHamiltonに向かうバスは終わってしまうので要注意。


Bermuda滞在中、私達がしたことは、まさに食う寝る遊ぶ。

Beachでボーッとする、海に入って遊ぶ、シュノーケリング、食事、飲み…

以上。


買い物などは一切せず、ひたすら(いい年して)小学生のごとく遊びまくりまして。

はしゃぎすぎて、海の中で水着のパンツが脱げそうになったり、椰子の木に登って足の裏が傷だらけになったり、芝生でみんなで寝転がって星を眺めたり、何故か体操をしたり、猫と戯れたり、ピカピカの太陽に照らされて(さらに)真っ黒に日焼けしたり…。

今回、数か所のBeachesに行ったのですが、おすすめはElbow Beachというところ。

Elbow BeachにはMandarin Orientalがあります。

綺麗な砂浜で、海の水も透明、波も比較的穏やかで、めちゃめちゃ気持ち良し。

食事に関しては、意外にも全体的に結構質が高かったのですが、特に、Mandarin OrientalにあるMickey's Bistroで食べたパスタ(Linguini “Pescatore”)がめちゃめちゃおいしかった!

あー、もう一回食べたい!

毎日、朝から晩まで遊びに遊んで、あっという間の3日間。

アメリカの東海岸に住んでる人にはお手軽にいけるResortなので、かなりお勧めです。

いやぁ、Bermuda Triangleで行方不明にならず帰ってこられて良かった、良かった。
[PR]
by moondiva | 2009-08-19 11:47 | 遊ぶの大好き

LA, Here I Come!

先週末のお話ですが、大好きなお友達に会いにLAに行ってきましたよ。

まず行きの飛行機がかなり強烈でして。

私の席の前の列に5人家族ご一行が座っていたのですが、その中に赤ちゃん発見。

もちろん嫌な予感的中。

NYからLAまでの6時間、前半の3時間はほぼNon-Stopで泣き叫んでくれました。

その赤ちゃんをあやすために、パパとママが交代で赤ちゃんを抱っこしていたのですが、途中、夫婦喧嘩勃発。

この夫婦、英語じゃなくて謎の言葉でしゃべっていたので、何が繰り広がっているのかは予測できず。

そしてママ、乳丸出しで授乳開始。

いやぁ、どうしたらいいか、(勝手に)困った。

さらに、飛行機のTake Off後、シートベルト着用のサインも消えたし、席をちょっと倒そうとすると、後ろからおっさんの「痛たたたたたっ!」との声が。

後ろを振り返り、

「えーっと、ちょっと席を倒してもいいですか?」

とたずねたところ、

「ええ…(もし倒せるなら…。)」

との返事。

「もし倒せるならってどういうこった!?」

と、もう一回よくよく後ろを振り返ると、このおっさん、明らかにEconomyの席は無理だろう!っていう立派な体型をされておりまして。

「これ、ありえないよね?」

と、フライトアテンダンスのお姉さんに事情を説明し何とかしてほしいと懇願したところ、フライトは満席でどうしようもできないとのこと。

ということで、6時間、席をほぼ90度に保ったままのフライト。

さらに、後ろの太ったおっさん、途中いい感じに眠りに入られまして。

それはいいんだけど、すげーイビキ&奴が呼吸するたびにその息が私の首に吹きかかってきて、超ホラー。

今回一緒に旅したYちゃんが隣でいい感じで寝ていたのがすごくうらやましかった。

6時間の空の旅、全然眠れずLA到着。

幸先ブルーな感じでスタートしたLA旅行だったのですが、LAに着いてからはもう、楽しくって、楽しくって!

LAはまずお天気が最高。

West Hollywoodでハイキング、Santa Monica Pierを散歩、Malibuで乗馬。

Malibuの海岸沿いをドライブ、Beverly Hillsの豪邸&観光地めぐりなどなど、アクティビティーめっちゃ充実。

さらに食事はSanta Monicaの最高の眺めのカフェでブランチ、秘密(?)の焼肉屋さんでお夕飯、Vodka Bar、(ホントかどうかしらないけれど)LAで一番おいしいという噂のBurger屋さんでブランチなどなど、こちらも大満足!

お友達とも久しぶりに会ってたくさんお話できたし、大満足の週末。

また近々、LAに行かねば!と心に誓ったのでした。
[PR]
by moondiva | 2009-08-10 10:49 | 遊ぶの大好き