New York, NY 10017

moondiva.exblog.jp
ブログトップ

Web 2.0

「ちょっと、Web 2.0についてまとめて!」

「Web 2.0のBest Practicesを知りたいんだけど!」

ってな感じで、最近(というか大分前から)、私の職場では「Web 2.0」とやらが、(全く私は呼んでもいないのに)、話題に上ってきます。

みんな、

「あー、あいつは俺の幼馴染だから!」ばりの勢いで、

「Web 2.0」が何者か、知っていて当然でしょ!」ってなポーカーフェイスで、

会社の皆さん、ものすごい荒業で仕事を投げて下さるのですが、私はここであえて、そんな彼らにおたずねしたい。

…みんな、本当に、あいつの正体、知ってるの??

少なくとも私自身、大きな声では言えませんが、ふわっふわってな感じでしか、分かっていないかと…。
2.0っていう位だから、1.0も、3.0も、あるのかと。
っていうか、一体、どこまであるのかと。


そもそも「Web 2.0」、Tim O'Reillyというおじさんが、2001年秋頃のドットコムバブル崩壊の後、みんな、「ウェブの時代は終わった!」と思っていたのに、実際は不死鳥のごとく復活した故、「Return of the Web」っていうことで作り出した造語らしいのですが。

じゃあ、新しいボーカルが加入して自ら第二章と謳っているらしいExileも、「Exile 2.0」に近いのかしら??

あ、最近日本で復活してきているらしい「ルー大柴」も「ルー大柴 2.0」にすればいいのでは?!


えー、いろいろな文献を(嫌々)読み漁った結果、私の理解が正しいかどうかはさておき、勝手に要約しますと…

ドットコムバブル崩壊前のWebは情報を送る側から、受けとる側への一方的なアプローチだったのに対し、「Web 2.0」では、情報を送る側、受けとる側という垣根が取り払われ、誰でもWebを通じて情報を発信できるようになったらしいです。

バブル崩壊前は、返事がなっかなか得られないような遠距離に住む相手しかにしか恋(=片思い)できなかったWeb。

近年、やっと意中の相手(複数の場合多し。)に対し、恋の駆け引きができるようになったというわけですね。

あれ、何のこと?


とにかく、「Web 2.0」では、多くの人がWebを使えば使うほど、様々な情報・知識・ノウハウが蓄積され、提供される情報・サービスが洗練されるとか、されないとか…。

人工知能じゃないけれど、「私、進化し続けます!」みたいな要素が、「Web 2.0」の根底にある様子。

戦えば戦うほど、経験値を得てレベルがアップするドラクエみたいなもの?
もしくは拡大し続ける顧客データベース?
あ、データはきちんと精査しないと。

「Web 2.0」の代表的なサービス(機能?)としては、Blog、RSS、Wikis、AJAXなどなど…。

あ、呪文ではないですよ。

みんな、起きてー!


結局のところ、相変わらず、ツチノコ並みに正体が掴めない「Web 2.0」ですが、お仕事上、何とかして概要をまとめないとお家に帰れないということで、「えいや!」と力技で作った資料の一部が、こちらです。

その名も「Web 2.0 at a Glance」

ホント?
b0103106_8135955.jpg

b0103106_8143067.jpg

b0103106_815423.jpg

Source: "Winning in a Web 2.0 World: Metrics-Driven Success", COREMETRICS, December, 2007


上記にあるようなテクノロジーを利用し、Webを通じた情報・サービスの質を向上させ、最終的には個人、企業の価値向上に貢献しようっていうのが、「Web 2.0」のコンセプトらしい。

あー、やっぱり、「Web 2.0」の奴、叶姉妹の私生活位、理解できない。

っていうか、同僚のみんなは、あいつの正体、ホントに分かっているのかしら?

…怖くて聞けない。
[PR]
# by moondiva | 2008-01-14 00:00 | お仕事の話

SEO @ Midtown East

b0103106_901167.jpg


大の仲良しのお友達カップルがめちゃくちゃご近所さんに引越してきたのもあり、今週末、日本食レストラン、SEOで一緒にお夕飯。

SEO
249 E 49th St (Between 2nd & 3rd Ave)
New York, NY 10017
Phone: (212) 355-7722
M's Survey: ★★★★☆

店内からなんちゃって日本風の庭が見渡せるのですが、同様に隣のアパートの人の部屋も見渡せちゃいます。

ちなみに、私達が行った時は、近隣に住むお兄さん、普通に着替えてましたYO。

私達が頼んだ料理(もろきゅう、かにシュウマイ、銀鱈西京焼、もずく、茶碗蒸し、梅うどんなど)はとてもおいしかったです。

値段もニューヨークの日本食レストラン (Some places are exremely overpriced and rip off!) にしては、Reasonableかと。

今度はここでお寿司を食べてみたいです。

[PR]
# by moondiva | 2008-01-13 00:00 | 食べるの大好き

I am still jetlagged...

日本からニューヨークに戻ってきて1週間。

まだ微妙に時差ボケ入ってます。

昨日は眠い目をこすりこすり、夜1時頃まで頑張って粘って就寝したものの、週末にも関わらず、今日は朝6時にはぱっちりお目覚め。

睡眠大好きの私が二度寝できないことなんて、めったにないのに!

「せっかく早起きしたんだから活動しますか!」

と早速気分を切り替え、朝っぱらから、ルームメートはまだスヤスヤお休み中にも関わらず、ガサゴソと掃除、洗濯、ゴミ出しなど、やってみました。

そうそう、日本だと洗濯機や乾燥機は自分のお部屋の中にあるのが一般的ですが、アメリカはアパートのビルの設備を住人で共有したり、外にあるコインランドリーに自分の洗濯物を持っていったりしないといけないのが一般的。

アメリカでは、下手すると「洗濯=一日のメインイベント」になりえるくらい、ちょっと面倒くさいのです。

更に、時間通り、洗濯物を取りに行かないと、後ろに支えていらっしゃる方がいる場合、勝手に洗濯物を取り出されて、ドドーンと公共エリアに放置されることもあるので要注意なのです。

そういえば、一回、どなたか私の洗濯物を全て綺麗にたたんで置いておいてくださったときもあったなぁ…。
嬉しいような、気持ち悪いような、複雑な気分でしたが。


とにかく、

「うん、ひと通り、綺麗になったし、朝から気持ちいいねぇ。」

と勝手にご満悦しつつ、ふと時計を見上げると、まだ朝9時前。

あまりにも暇だったので、私の部屋から見える風景を写真にパシャリと写真に収めてみました。
b0103106_082268.jpg


今回日本に戻った際、新しいデジカメを購入したので、「写真を撮ろう」モードなのです。
でも、カメラの使い方、よく分からないので、今度どなたか、カメラに詳しい方がいらっしゃったら教えてください。

あ、私の部屋の窓の汚れもしっかり写ってるね。
Empire State Building、今日も光ってます!


と、このブログを書いているうちに、何だか眠くなってきました。

でもあと2時間後、お友達とブランチの約束が…。

さて、コーヒーでも飲むか。
[PR]
# by moondiva | 2008-01-12 00:00 | 徒然なること

Spitzer's Corner @ LES

土曜日の昼下がり、Lower East Side (a.k.a LES)というエリアにあるSpitzer's Cornerというレストランに行って来ました。
b0103106_811533.jpg

ちなみにこのレストラン、Top Chefという、その名の通り、アメリカ中から集まったChef達により、「アメリカのTop Chefを決めようぜ」というコンセプトのもと、その腕を競い合う番組に出ていたSam Talbotという人の第一号店とのこと。

私はEgg Benedicts、友達はOmuletteを頼んだのですが…

…イマイチ。

BrunchでEgg Benedictsを頼めば、サラダなど、ちょっとしたSide Dishもついてくるかと思いきや、上の写真の通り、「Bread、Egg、Meat、以上!」な一品だったので、お腹はいっぱいになるものの、何だか物足りなかった感もあり。

それよりも、友達の「巨乳ゆえの悩み」の話の方が、100倍印象あり。

そんな悩み、知ったこっちゃねー」という方々、以下、小文字部分、飛ばしてください。

「いや、もちろん知りたいさ!」という方は下記へGo。


私の友達、Mは、「巨乳ゆえの悩み」があるというくらいですので、明らかに巨乳です。

本日、全世界、巨乳代表のM曰く、巨乳の人達は、ブラの肩紐が常にズレ落ちてくるということに日々、悩まされているらしい。

「そんなの、肩紐の長さをちゃんと調節すればいいやんけ!」

と本日、貧乳代表の私が叫んでみたところ、

「そういう問題でもない」

とのこと。

肩紐の長さを自分に合うようにピッタリ調節していたとしても、胸の下のホックで留めるベルト部分が、時間が経つにつれ、胸の重さ(Yes、重力!)によりずれ始め、肩紐も外れてしまうとのこと。

皆様、私の拙い説明により、きちんとこの状況をVisualizeできたでしょうか?

この現象を防ぐために、世の中、3ホック、X型肩紐などが存在するらしい。

悔しい哉、正直、今までそんなこと、知らなかった…。

しかしこの言い分、Mが日々投入されるBra戦士の中に5年選手、10年選手がかなりいらっしゃるということでしたので、もしかすると、もう、そもそも生地がゆるっゆるで、ベルト部分が従来担うべきの役割を果たせていないのでは?という懸念事項あり。

もう少し、世の中の巨乳サンプルを集めて、こちら、調査する必要がありそうです。

っていうかM、ただちにベテラン選手を引退させて、New Facesをチームに加えてください。


えっと、Brunchの話でしたね。

下記、レストラン情報&My Surveyの評価となります。

Spitzer's Corner
101 Rivington St
New York, NY 10002
Phone: (212) 228-0027
M's Survey: ★★☆☆☆

ビールのセレクションがたくさんあったので、夜、Barとして利用するのであれば良いかも。 But I have to say the food was horrible...go for a beer and stick with the fries... 
[PR]
# by moondiva | 2008-01-12 00:00 | 食べるの大好き

TGIF!

年明け一発目、怒涛の1週間が終了。

ちなみに、タイトルの「TGIF」は"Thank God It's Friday"の略で、「やっと、金曜日だ、嬉しい!」の意味です。

「今週もよく乗り切った!」

「おつかれ!」

…誰も言ってくれないので、自分で言ってみました。

去年の年末のお休み直前、

「(クライアントは)みんな、一見、とっつき難い部分もあるのですが、なかなか根はいい人なんですよ。」

「私が日本に帰省している間、ご迷惑をおかけするかもしれませんが、くれぐれもどうかよろしくお願いしますね。」

と、丁重に同僚に引き継いでおいたプロジェクトがあったのですが、(案の定)、私が国外逃亡していた間、ずっと放置プレーされていた様子。

ちなみにその同僚、年内いっぱいで退社されました。

年末、私がお休みに入る直前の時点では、過去数ヶ月、あの手、この手で手懐けた甲斐あり、そのプロジェクトのクライアント様達は、生徒会長に他薦されるような優等生のごとく、素直で穏やかな子達だったのに、年明け、状況一変、スクールウォーズ、川浜高校の不良にも負けず劣らずの見事な荒くれ者になっていました。

例えが古い?

嗚呼!

…というわけで、年初めから私、「怒涛、罵倒、ばっちこい!」ってな勢いで、神風特攻隊のごとく、集中砲火の真っ只中に、自ら飛び込んでいかざるを得なかったのですが、皆さんは年明け最初のお仕事1週間、いかがお過ごしでしたでしょうか?

更に私は日本から帰国直後、思いっきり風邪を引いてしまったのですが、皆さん、体調管理の方は万全でしょうか?

実は今回、風邪の影響による臨死状態でクライアントにひたすら謝るという技を駆使し、本来であれば、コンクリート詰めにされて東京湾に沈められてもおかしくないところを、結局、イエローカード1枚のみで乗り切ったのでした。

ある意味、ラッキー。

とにかく、今週も無事終了。

週末は久しぶりに仲良しのお友達と再会して、楽しい時間を過ごしたいなと。

それでは皆さんも、良い週末をお過ごし下さいませ。
[PR]
# by moondiva | 2008-01-11 00:00 | お仕事の話

Rainbow Room Party

b0103106_041077.jpg
b0103106_042644.jpg
b0103106_044061.jpg

[PR]
# by moondiva | 2008-01-09 00:00 | 遊ぶの大好き

A Happy New Year!

明けましておめでとうございます。
年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?

いやー、私の場合、ちょっと気を許した隙に、2008年、「あ、お姉さん、お邪魔してます!」位の勢いで、やってきてました。

っていうか、噂によると平成もすでに20年目に突入したらしい。

…小渕前首相が「平成」って書いた紙を見せびらかしてたの、昨日じゃなかったっけ?

ということは、平成元年生まれの人、今年成人ですね。
めでたい、めでたい。

えー、何の話だっけ?

そうそう、私はこのクリスマス&年末年始と東京で過ごしたのですが、知らないうちに、実家が水族館化してました。

まず玄関に、異様な程、存在感を見せ付けている、ドデカイ水槽発見。

その中には、金魚×数匹、得体の知れないうつぼチックな見た目の生物×数匹、そして懐かしのウーパールーパーを彷彿とさせるこれまた得体の知れない生物×1匹。

それも得体の知れない生物達、各々が結構、でかい。

周辺の人物(=父&母 Only)へ聞き込み調査を実施したところ、この水槽および生物達は弟の所有物と判明。

早速弟の身柄を確保し、

「何で今更金魚なんて飼ってんのさ?」

と尋問したところ、

「あー、金魚は餌。」

との返事。

え、餌(エサ)??

水槽の中でひっそりと存在する得体の知れない生物達は、金魚やメダカを食べて、大きくなるらしい。

それも夜行性らしく、明かりを消した途端、ムクムク活動をはじめ、ガッサーを餌(金魚さん達)を食らうらしい。

エグイ。

そして数日後、弟に何らかの方法で丸め込まれたと思われる父が、金魚の屍骸を片付ける姿を目撃…。

何だか切ないのは何故?


更に、弟の部屋にも、見覚えのない水槽発見。

こちらには熱帯魚と聞いてパッとイメージするようなキラキラした魚達が優雅に泳いでいる。

それも結構な数。

「もう、そんなに好きなら、沖縄に住んで毎日海潜って熱帯魚見てたら幸せなんじゃない?」

と弟に投げかけると、

「あ、俺、酔うから無理。」

との即答あり。

そうだった。

すっかり忘れていたけれど、我々兄弟(姉弟?)は極度な乗り物酔い体質でした。

姉弟そろって、サーフィンに挑戦した歴史はあるものの、両者とも、波待ちの間に気持ち悪くなるという、サーファーにとって致命的な欠陥があり、あえなく断念。

ま、そもそも腕前も相当なもので、私は波に乗れた試しもないのですが。

私に至っては、過去2度ほど、スキューバダイビングにも挑戦しているのですが、ダイビングポイントに辿り着く以前に、既に(船酔い&波酔いで)グロッキー状態。

結局、海に潜る目的が、魚を観察するのではなく、魚への餌付けという不本意な結果に。

うーん。

何はともあれ、周囲の人々に迷惑の掛からない範囲で熱帯魚育成を楽しんでいただくことを、姉は希望しております。

この趣味で有り金全部を使い果たさないことを祈る。

っていうか、弟よ、熱帯魚に投資する前に、貸したお金、早く返してください。


そして、弟が「この子、ずっと家族の一員だったよね?」位の勢いで、普通に家族団欒の食卓@実家に異性を招いておりました。

また彼女が、弟には勿体ない位の良くできた可愛い子で。
正直、弟のことはさっさと見切って、もっといい男見つけたほうがいいんじゃないかと思いました。


弟よ、姉が幸せになるのを見届けてから、君が幸せになってください。

しばらく弟の話をしましたが、私には父、母、そして年子の姉もおりまして、更に義理の兄、甥もおります。

もちろん、この休暇、家族全員に会ったのですが、いやいや、半年ぶりに再会した、甥(2008年1月時点、1歳5ヶ月。)の成長ぶりにはビックリ。

b0103106_249295.jpg

※年末年始らしく、年越そばの写真も載せてみました。特に深い意味はなし。

すっかり人間になってました。

私の家族(父、母、姉、兄、弟、甥&猫)はみんな元気で、とりあえず、ホッと一安心。

やっぱり家族の健康が一番です。

他に東京にいる間、印象に残ったことといえば、女子の間で流行っていると思われる赤・青・紫などのカラータイツが可愛かったということでしょうか…。

何はともあれ、こんな不束者の私ですが、今年もどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
# by moondiva | 2008-01-07 22:09 | 徒然なること