New York, NY 10017

moondiva.exblog.jp
ブログトップ

人生楽ありゃ苦もあるさ。

3月も気が付けばあと数日で終了。

完全にうっかり。

「南の島でのんびりしてました。」

と声を大にして言いたいところなのですが、「貧乏暇なしでした。」という一言で、私が姿をくらましていた間の様子をダイジェストでお伝えできたかと思います。

「世の中に不況の波が来たのぉ...。」

と他人事のように思っていたのもつかの間、気が付いたらその波に思いっきり飲み込まれてまして。

ある日会社に行ったら、突然、もちろん事前予告なく、同僚が15%いなくなってまして。

Surprise、Surprise!!

...嬉しくねぇー。

「こっち(アメリカ)の会社はバッサリいくよ!」とは聞いてたけど、ここまでバッサリいくとは。

ホントに予告ないんだ!っていうのをこの目でばっちり目撃しました。

従業員は一気に減ったものの、一方仕事量はそんなに一気に減らないっちゅうのが現実でして。

さらに、新規案件を獲得しようと会社は必死なので、そういう仕事依頼も考慮すると、むしろ仕事量はグンと増えた気がするのだが...。

「ちょっと仕事の量が半端ないんだけど...」とでも言おうもんなら、「今は仕事があるだけで感謝しなきゃ!」と言われるのは必須。

でもさ、景気が良かった時は、別に特別ボーナスとか、何か恩恵があったわけでもなく、「これが当たり前です。」的な空気だったような記憶が...。

悪いときだけ影響受けるってどうなのさ!?

嗚呼!


「3月は四半期の締めだから忙しいけど、4月になったら楽になると思うから!」

という上司の言葉を(10%くらい)信じて、今週末も1人、仕事ゴトゴトしております。

いやね、もうこうなったら、4月にがっつり休んでやろうと思いまして。

ちゅうことで、お勧めバケーションスポットがあれば教えてくださ~い!
[PR]
# by moondiva | 2009-03-30 09:16 | 徒然なること

Snow Storm in March...wtf

いやぁ、あっという間に3月突入。

気が付けばFirst Quarterも今月で終わり。

あれー、この間、「明けましておめでとう!」とか言っていた気がするが。

3月って言えば、「春ももう少し!」ってな季節。

それなのに。

吹雪キター (゚ロ゚ノ)ノ

外は真っ白。

現在、-10℃。

っていうことで、私の会社、本日開店休業状態。(←それは嬉しい♪) 

いつになったら暖かくなるのかしら。。。
[PR]
# by moondiva | 2009-03-02 00:00 | 徒然なること

プレゼンが嫌い。

いやね、自分でもこの歳になっていい加減にしろと思うのですが、未だにプレゼンが嫌いでたまらないのですよ。

小・中・高・大学、社会人になってからも、もう今まで何度、プレゼンしたか分からない位、プレゼンさせられてるのに、あいつ(※プレゼン)のことだけは、どんなに歩み寄る努力をしようとも(してないけど)、全然好きになれないのですよ。

もうね、プレゼンしなきゃいけないってことが分かった日から、奴が終わるまでは、普段、超スーパー快眠の私が、夜も不安で眠れなくなりまして。

頭の中で、プレゼンのシュミレーションが繰り広がること山の如しになるのですが、いつも「途中でつっかかる」→「ふりだしに戻る」で永遠に完結しない。

プレゼンの最後は決して辿り着けないダンジョン、もしくは私が過去プレーしたドラクエシリーズのごとく。

ドラクエシリーズ、一個も最後までクリアしたことないのです。

いやー、嵐は突然やってくるといいますが、先週のほほんとした日々を過ごしていた私、クライアントへプレゼンするように指令をうけまして。

中途半端に関わっていたプロジェクトだから、もう自分の出番はないなと余裕かましてたら、こんなところで戻ってきやがった。

全力で阻止しようとしたのですが、無理。

同僚も私がどれだけプレゼン嫌いかがもう分かっているので、逃げ場は事前に完全封鎖され、もう「Giving a Presentation or Dead?」みたいな状況になりまして。

。。。やるしかねぇ。。。かぁ。。。

ということで、腹をくくったのが先週のこと。

昨日はRun Through。

結果。

あまりにも私がガッチガチで、最初の5分でドクター(←同僚の意。)ストップ。

どもりにどもって大変なことになっていたので、同僚から、「あんた、アドリブとか絶対この調子じゃ無理そうだから、まず、明日言うこと、全部書き出して、とりあえずそこだけはまずスムーズにいけるように練習した方がいいんでない?」というアドバイス。

っていうことで、全部書き出してみた。

そしたらそれで満足してしばらく練習を忘れまして。

「これはまずい!」ってことで、家にスクリプトを持ち帰り、お部屋に1人、ブツブツ練習。

当日。

そもそも与えられていた時間は20分程度だったのに、時間がないから5分でまとめてくれときた。

超パニック!

スクリプトとか、まともに全部カバーしたら、軽く20分強あるし。

ということで直前に思いっきりカット・カット。

そんな焦りまくった状態で私の出番に。

「もうどうにでもなれ!」ってな感じで、ババッーと喋ってたら(。。。っていうか実際はスクリプトを読み上げるっちゅーか。。。)、5分はとっくに過ぎたようで、早速巻きの指示。

いや、これ以上、どう巻けっちゅーの?

ってくらい、すでに巻いてるつもりだったから、もう、頭の中がパニック。

相手の反応を観察する余裕など、これっぽっちもなく、気が付いたらしゅーりょー。

同僚からは「よくやった。。。(←明らかにお世辞)」の言葉。

あー、もうプレゼンやりたくねー。

とはいえ、この仕事をしている限り、絶対に避けて通れない道ではあるので、腹くくって、Public Speakingのクラス取ろうかなぁ。。。なんて考えている今日この頃。

いやぁ、誰か、プレゼン対策で良い方法があればご教示くだされ!
[PR]
# by moondiva | 2009-02-18 00:00 | お仕事の話

Happy Valentine's Day

b0103106_0494021.jpg


今年のバレンタインデーは土曜日。
ということで、お出かけをした人、外食をした人も結構多かったのでは?

私はといいますと、先日お友達から、「愛を込めて手打ちうどんを作るので、家に来ないか?」というお誘いをうけまして。

「何故バレンタインに手打ちうどん?」

…という素朴な疑問はさておき、手打ちうどんを作る工程から、参加してきました。

ちなみに、手打ちうどんの作り方はこちら参照(↓)

パンとジェームズのおつかい大挑戦

いや、手打ちうどんって、作るのすんごい体力勝負なのね。

もう汗だらだらかきながら、うどんを踏みまくりました。

パーティーには総勢10人が参加。

トッピングにはピリ辛鶏ひき肉炒め、Poached eggs、青ねぎ、白ねぎ、生姜、大根おろし、とろろ昆布をお好きなだけ盛っていただき、お汁もしくは生醤油をその上からかけるスタイル。

Poached eggsを作るのをはじめて目の当たりにし、「あぁ、こうやって作るのね!」と結構感動。

いやぁ、手作り手打ちうどん、お国柄を問わず、大好評を博しまして。

ちなみに今回の参加者の出身国はといいますと、アメリカ、イギリス、スイス、ブラジル、ドイツ&日本。

まぁ、みんな、いろんな文化に興味がある人ってところで「うどんは万国共通で愛される」って宣言しちゃうのはちょっとバイアスはあるかもしれないけど、今回のメンバーはみんな「うんまい、うんまい」と食べていました。


すごーくコシがあって、もっちもちしていて、めちゃめちゃおいしかったです★

うどんの他にも、主催者のMの愛の篭もった手料理の数々が振舞われまして。

前菜からデザートまで、怒涛のフルコースでした。

いやぁ、たっぷりと愛を感じた1日でしたYO。
[PR]
# by moondiva | 2009-02-14 00:00 | 徒然なること

Being a Shopaholic this time of year?

不景気、不景気、不景気と、みんな呪文のように唱えている今日この頃ですが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

そんな中、最近やったらめったらと、高級ブランドセールのメンバー限定サイトのInvitationが送られてくるのですよ。

例えばRue la laとか、Shop It To Meとか、Giltとか。

もうね、いろいろありすぎて、今となっては自分がどれに登録したのかも分からないくらい。

あ、もし上記サイトにご興味がある方がいらっしゃいましたら、個人的にメールをいただければと。

Invitation送ります。


まぁ、高級ブランドも相当必死ってところなんだろうけど、やっぱりそもそもの値段が高い高級ブランド、70%Offにしたって、高いものは高い。

Christian Diorとか、Alexander McQueenとか、Judith Ripkaとか、セールとは言ってもすぐポーンと買えるような値段じゃないし、今のところ、私はWindow Shopping Only。

以前、アパレルのクライアントを担当していたことがあり、そこで粗利率とか見ちゃってるから、「いや、もっといけるんじゃね?」と思ってしまうのもあり。

こういうサイトは今後、もっと増えていくだろうし、そもそも最近は消費者のお財布の紐はいつも以上にぴっちり閉まってるし、これからもう今後、正規価格じゃ何も売れなくなっちゃうのではないかと。

そうなると、メーカー側も正規価格を高めに設定しちゃうのかなぁ?

だから最近は「メーカー希望価格」と記載して、実際の値段をそもそも記載しない商品を結構見かけるんだろうけど。

でも結局のところ、需要と供給の原理で実際の平均購入価格っていうのはAdjustされるものなのかしら?

いずれにせよ、私は今のところ見てるだけで実際に高級ブランド商品がお買い物ができるのはいつになることやら...。

まずは外食を減らして貯金しなければ!
[PR]
# by moondiva | 2009-02-03 00:00 | 徒然なること

着物は大変。

えー、NYに高校時代から仲良しのお友達が数人住んでいるのですが、その1人のM、何と着物の着付けができると言い出しまして。

こやつ、料理もできるし、陶芸もプロ並みだし、一体何なんだ?!

「私、姉ちゃんの結婚式でしか、着物着たことない!」

ということで、先週末、Mの家で即席、着付け教室が開催されることに。

b0103106_5532474.jpg


着付け教室とかいって、自分で着る練習をするはずだったのに、結局(予想通り)、一から十までMに着せてもらう格好に。。。

その間も、「暑い!」、「苦しい!」、「重い!」、「息ができない!」、「その指示の意味が分からない!」などなど、「あー、だからいつも、部屋着みたいな格好なんだね。。。」というのが明らかになってしまうくらい、いかに今まで楽な格好をしているかを思い知らされることに。

途中、怒られつつも、何とかお着替え終了。

ありがとう、M。

でもね、着物ってホント、奥深い。

着物、帯の柄、小物、色の組み合わせなどなど、結構美的感覚をくすぐられる感じ。

昔の人は毎日着物を着ていたんですよね??

超リスペクト。

あと10年くらいで、自分1人で着物を着られるようになると思うので、そうしたら、私の腕前、披露しまーす!
[PR]
# by moondiva | 2009-02-03 00:00 | 徒然なること

食べ歩き。

気が付けばあっという間に2月突入!

ひえー時間が経つのが早すぎて怖い!!

相変わらず極寒のNY。

でも、そんな天候でも食べ歩きはやめられない!
ってことで、相変わらずものすごいエンゲル係数の高い日々を過ごしております...。

ちなみに最近訪れたレストランといいますと...

Park Avenue Winter
元々このレストランでシェフとして働いていたKちゃんと。ここは季節ごとに名前、内装、メニューが変わるので、行く度にいつも新鮮。さらに、今回(も)シェフからAppetizers、Dessertsのサービスが。いつもいつもありがとうございます☆

Dovetail
(もうこのブログではおなじみの)IloveappleちゃんとHと3人で行った、私はまだあまり開拓していないUpper Westにあるレストラン。メニューから察するに、多分フレンチなのではないかと。(もしくはGame??) メインコース(私はPorkをオーダー)もなかなか良かったのですが、私はアミューズが美味しいなと思いました。ただ、案の定、会話に夢中になりすぎまして。落ち着いた感じレストランなのに、大爆笑(&日本語)していた我々は相当浮いていたものと思われます。そりゃウェイターさんも頻繁にチラ見してくるわな。

Blue Ribbon Sushi
仲良しのYちゃん&共通のお友達、総勢7人で訪れたBlue Ribbon Sushi。ちなみに漢字では青結寿司ってお店の名前らしい。お寿司&お刺身をメインで食べたのですが、日本のおすし屋さんのメニューに比べるとやっぱりアメリカ人向けにちょっとTweakしたものが多かった気が。ま、私は元々、Authentic Japaneseっぽい食べ物がそこまで得意な方ではなく、お寿司のネタで一番好きなのはサーモンというそもそも邪道な人間なので、私の意見はあまり参考にならないと思われますが、私的には、なかなかお味は良かったと思います。本当のお寿司好きの人はもしかすると、ちょっと物足りないかもしれないけれど!?

Mr.K
Midtownにある高級中華レストラン。Restaurant Weekを利用して、仲良しGirls7人で行ってまいりました。お味の方は...可もなく不可もなく...。サービスも特にこれといってOutstandingなこともなく...。Restaurant Weekだったからというのもあるとは思いますが、うーん、このレストランはROI的にはどうなのか??とちょっと疑問。お店の内装、食器は豪華ですが。でもRestaurant WeekではないときにこのRestaurantに行ったお友達は絶賛していたので、もしかすると普通に行くと、また違ったExperienceになるのかもしれません。

この他もちょこちょこいろいろ訪れているのですが、具体的なお店の名前が思い出せないので、また思い出したときに!
[PR]
# by moondiva | 2009-02-01 00:00 | 徒然なること

Milk

b0103106_3355428.jpg


こちらアメリカでは年末に公開されたMilkという映画。

「なぜMilk?」と最初は思っていたのですが、(苗字が)Milkという人のお話なのです。

Sean Penn主演、私のお友達大絶賛、2009年アカデミー賞、8部門ノミネート。

「これはMust Watchでしょう!」ということで観に行ってきましたよ。

Based on the true story、70年代に活躍した、同性愛者であることを公表してアメリカで初の公職(?)に就いたHarvey Milkの半生を描いたお話。

いやぁ奥さん、前評判通り、良かったよ、この映画。

何かと「表現の自由!」と高らかに叫んでいるアメリカでも、同性愛者であることが法で罰せられちゃってた時代のお話。

自分のIdentityが世の中に受け入れられない現実と真っ向から向き合いつつ、自分らしく生きていくことができる世の中を目指して突き進んでいく、Harvey & 彼のサポーター達の姿にかなり感動。

号泣!って程ではないけれど、エンディングでは気が付けばポロポロ涙がこぼれてまいりました。

あと何てったって、Sean Pennの演技がすごい!

エンドロールで実際のHarvey Milkの写真が出てきたのだけれど、雰囲気がそっくりすぎてビックリしました。

カメレオン俳優(←こんな言葉あんの?)というか、演じる役によって、全然違う人に見えるというか、演じてるんじゃなくて、もともとこういう人格?って思われるというか。

日本でも多分、近々公開するのではないかと。

しみじみと自分のあり方を考えさせられるIndependent系Film、かなりお勧めです。
[PR]
# by moondiva | 2009-01-29 00:00 | 徒然なること

He's just not that into you

b0103106_1143543.jpg日本でもおなじみのSex and the Cityの脚本家、Greg BehrendtとLiz Tuccilloという人が書いた『He's jut not that into you』という名の本。

本自体は2005年のベストセラーなのだけれど、今年映画化される&ルームメートがこの本を持っていたということで、突然むくむくっと興味が沸きまして、今さらながら、読んでみることに。

こちらの本、さまざまな独身女性の恋愛相談に男性であるGregが、ズバリ何の思慮遠慮なく、侍の如く、バッサバッサと答え、それをフォローするかのように、各Chapterで女性のLizがコメントを出すという形式。

いやね、これが結構はまる。

いかに女性(だけなのかなぁ?)が「こうであって欲しい!」という自分の「要望」というレンズを通して物事を見ることにより、スーパー単純明快事実を、こりゃ摩訶不思議、迷宮のように複雑化して考えてしまうかが、面白おかしく書かれておりまして。

「いやぁ、世の中の男がみんなGregみたいな意見ではないでしょう!」

という声もちらほら聞かれますが、私なりに過去の出来事を思い出してみますと、いろいろ思い当たる部分も無きにしも非ず。。。

恋愛というのは人それぞれですが、まぁ、悩んでいる内容っていうのはある程度、レベルはあるものの、似ているのかなぁと思ったりして。

He's just not that into you

日本語で言うと『彼は別に、そこまであなたにはまってないんでない?』みたいな意味でしょうか?

とにかく、機会があれば、こちらの本、読んでみるのもいいかと。

ちなみにあっ!という間に読み終わっちゃいますYO。
[PR]
# by moondiva | 2009-01-27 00:00 | 徒然なること

Butai @ Gramercy

b0103106_812891.jpg


iloveapple嬢、NY来襲ということで、私たちの共通のお友達のitsanyclifeはじめ、この寒空の中、総勢7人がGramercyにあるButaiへ集合。

年末年始、私自身が日本に戻っていたこと&NYへ戻ってきてからしばらくお仕事がパタパタしていたこともあり、今日集まったメンバーとは、久々の再会。

私は今週末に限ってお仕事が立て込んでしまって、(企画者というのに)大遅刻してしまうという大粗相。
みんな、ホントにごめんなさい!

みんなに会うまでは、正直、ちょっとお仕事の方が「今夜が山だぁ~」状態だったので、「お食事中、仕事のことが頭から離れないかもしれないなぁ。。。」なんて少し思っていたのですが、実際はみんなと話していると、楽しすぎて、食事中はすっかりお仕事のことは忘れておりました★


久々の再会ということで、みんなそれぞれの近況をアップデート。
衝撃のニュース(>Rossi-NY, hint, hint! Congrats!!)もあり、あっという間の3時間でした。

Butaiは週末の夜だというのに、比較的(っていうか大分?)空いておりまして。
お食事は結構おいしかった(特にみんな、ざるそばがおいしいと言っていました。)し、値段もそこまで高くなかったので、結構大人数のグループでご飯を食べるのにいいかも。

楽しい時間の後、極寒の外へ出たところで、Going Back to Reality。みんなが二次会へ流れたのを横目で見つつ、その後お仕事が待っていたY君&私は逃げるようにTaxiへ。。。

やっぱり仲良しのお友達に会って話すとリフレッシュできるなぁと改めて思った一日でした。

Butai
115 E 18th St
New York, NY 10003
(212) 387-8885
www.butai.us
[PR]
# by moondiva | 2009-01-24 08:00 | 食べるの大好き